チャイルドシートの義務年齢は何歳?

チャイルドシートの義務年齢は何歳?

チャイルドシートと言えば小さな子供のいる家庭ではお馴染みのアイテムですが、実は使用することが法律で義務付けられたものです。また、チャイルドシートを使うべき年齢についても法律で決められていることはご存知でしょうか?チャイルドシートを使う子供がいるご家庭なら知っておきたいいくつかのポイントについて解説していきます。

子供が乗るならチャイルドシートを!装着は法律で義務付けられています

子供にチャイルドシートを装着することは、道路交通法という法律で定められたルールです。よって、小さな子供が乗車するなら必ず用意する必要があります。

そもそも、チャイルドシートは子供の安全を守るためにあるアイテムです。車で思わぬ事故が起こった場合、怖いのはその衝撃で車外に投げ出されることや、ハンドル・フロントガラスに体をぶつけることです。大人の場合なら、それを防ぐためにシートベルトがあります。しかし、子供の小さな体はシートベルトでは固定しきれません。そのため子供の体に合わせて作られ、しっかり体を固定できるチャイルドシートが必要なのです。

チャイルドシートの必要性は、実際に起きている事故からも見てとれます。ある年の警察庁などの調査によると、チャイルドシートを装着していなかった6歳未満の子供の死亡率は、装着していた子供の6倍以上に上りました。この結果を見れば、チャイルドシートが子供の安全にとっていかに重要か理解できるはずです。

また事故が起こらなかったとしても、チャイルドシートを装着させない保護者にはペナルティがあります。罰金はありませんが、交通違反として点数が一点引かれてしまいます。そのため、小さな子供がいる家庭なのであれば必ずチャイルドシートが必要になります。

チャイルドシートは何歳から必要になる?

道路交通法では、6歳未満の子供が車に乗るときにチャイルドシートの装着が義務付けられています。よって特別な事情がない限り、5歳までの子供はチャイルドシートに乗せなければいけません。

またチャイルドシートは年齢によって種類を選ぶ必要があります。まず、まだ首が据わっていない乳児用には別名「ベビーシート」とも呼ばれるものを用意します。チャイルドシートとは違い、乳児を寝かせられるベッドタイプです。生まれた時から1歳ごろまで使えます。首が座りイスに座れるようになったら幼児用、ある程度大きくなったら学童用に切り替えます。幼児用は身長100cm以下まで、学童用は135cm以下までが目安です。法律では6歳になったら装着が義務ではなくなりますが、子供の体が標準より小さければ、まだチャイルドシートを装着していたほうが安全でしょう。何度も買い替えるのはちょっと、という人には、幼児期と児童期で兼用できるロングユースタイプがおすすめです。

チャイルドシート設置場所にも注意しましょう

チャイルドシートは子供の年齢に合わせて選ぶことに加えて、設置する場所も重要です。安全のためにチャイルドシートを設置する場合には、助手席よりも後部座席に設置しましょう。助手席だと目が行き届いて安心という人もいるでしょうが、事故に遭った場合、統計的に後部座席のほうが重大なケガや死亡の確率が低いと言われています。また助手席は衝撃で車外へ飛び出すリスクが高いことに加え、エアバックの衝撃でケガを負う恐れもあります。出来るだけ後部座席に、そして出来れば後部座席の中央部分にチャイルドシートを固定するのがベストです。車種によって中央に固定出来るものと出来ないものがあるので、取り付けする前には必ず確認が必要です。

特に乳児の場合には、体が弱いため、ベビーシートを助手席に乗せるのは特別な事情が無ければ避けたほうが安心です。幼児用・児童用を助手席に乗せたい場合は、なるべくエアバックから離すように座席の位置を調整しましょう。そうすれば、万が一エアバックが作動しても子供へ被害が起こりにくくなります。

こんな場合にはチャイルドシートの装着が免除になります

装着が義務付けられているチャイルドシートですが、事情がある場合には免除されることもあります。

例えば、子供にチャイルドシートを装着できない理由がある場合です。ケガや病気により、チャイルドシートを装着すると体に害がある可能性が考えられる時などが当てはまります。肥満の度合いが著しく高かったり、標準よりも体がかなり大きかったりする子供も免除の対象です。当てはまる理由は無いけど子供が嫌がって装着できない、という場合は免除対象外なので注意しましょう。

車の構造によっても装着が免除されます。幼稚園の送迎バスは座席がチャイルドシートを固定できない構造であるため、免除の対象になります。また大人と複数人の子供がいて、人数分のチャイルドシートを車に乗せると全員が乗車できない場合も同様です。ただし、できる限り多くのチャイルドシートを乗せる必要があります。

他には授乳などの世話が必要な場合やタクシーやバスなど公共交通機関を利用する場合、緊急に子供を車で運ぶ必要がある場合なども、装着が免除されます。

大切な子供のために、必ずチャイルドシートの装着を!

赤ちゃんや小さな子供がいる場合には、保護者にはチャイルドシートを装着させる義務があります。装着させなければ交通違反で罰せられるだけでなく、事故が起きた時には子供に大きなケガをさせてしまう恐れがあります。何よりも子供の安全のために、必ずチャイルドシートを搭載し、装着させましょう。

車の買取査定をご希望のお客様はこちら

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ