いつ交換すべき? 車のバッテリーの交換時期と見極め方

いつ交換すべき? 車のバッテリーの交換時期と見極め方

車のバッテリーは、自動車を走行させるためにとても重要な部品の一つで、定期的な交換が必要です。ところが、車のバッテリーは使い続けても目に見えるような変化がなく、素人には交換時期の判断がしづらいです。ここではバッテリーの交換するタイミングや見極め方について詳しく解説します。

車のバッテリーの役割とは?

車のバッテリーには主に2つの重要な役割があります。1つが車のエンジンを始動させるための動力です。車のイグニクションキーをONにすると、バッテリーからセルモーターに電流が流れ、それによってエンジンが始動し、車が動きだします。ちなみにエンジンスタート時がもっとも電力を消費します。

もう1つ、車のバッテリーの重要な役割が車内機器の電源としての役割です。エアコンだけではなく、オーディオやカーナビ、ランプ類など、電力が必要な機器にはバッテリーの電力が必要不可欠です。ちなみに走行時にガソリンだけではなく電気も使用するハイブリッドカーではメインのバッテリーとは別に補機バッテリーと呼ばれるもう一つのバッテリーが車の機器を動かすための電力を供給しています。

バッテリーを交換しないとどうなってしまう?

バッテリーを交換しないままだとバッテリーの電力が徐々に無くなり、更に使い続けると完全にバッテリー内の電力が無くなります。電力が無くなると車内の機器がすべて使えなくなりますし、そもそもエンジンをかけることが出来ないので車を動かすことはできません。バッテリーは空になるまえに必ず交換するようにしましょう。

普通乗用車のバッテリーの交換時期の目安とは

車のバッテリーには必ず保証期間が設けられています。保証期間はバッテリーの外箱に分かりやすく書かれていることが多く、ほとんどのバッテリーで2年ないし3年となっています。補償期間はメーカー側がそのバッテリーを安全に使うことができると判断している期間なので、保証期間がそのまま交換時期の目安と考えればよいでしょう。したがって2年ないし3年が交換時期の目安となります。

ハイブリッドカーの場合の交換時期の目安

ハイブリッドカーのバッテリーは生産を完了した瞬間から少しずつ容量が少なくなっていきます。もちろん走行をすればするほど更に容量が少なくなっていくので、ある程度走行すれば交換する必要があります。使用状況や、その車を製造してから購入するまでにどれだけの期間が経過しているかによっても多少状況は変化しますが、通常の走行をしていた場合、5年または10万キロがハイブリッドカーの走行バッテリーの交換時期の目安となっています。そして補機バッテリーも電力が無くなるとエンジンがかけられなくなるため、定期的な交換が必要です。補機バッテリーの交換時期の目安はおよそ4年と言われています。

エンジンのかかりが悪くなる

先ほど書いたように、車のバッテリーの電力は車のエンジンをかけるときに最も多く消費します。そのため、バッテリーを使用し続けて電力が少なくなると、エンジンの起動時に変化が見られます。バッテリーに電力が十分残っているときにエンジンをかけるとセルモーターは短い間隔で回転します。ところがバッテリー内の電力が低い状態でエンジンをかけると、セルモーターの回転音は明らかに遅くなります。この場合は早くてその日のうちに、遅くても2日から3日でバッテリーが上がるので、早急に交換する必要があります。

ヘッドライトが暗くなったり、明るさが安定しなくなった

各ライト類もバッテリーによって点灯しています。バッテリーの電力が少なくなるとライト類の明るさが変化します。走行時はバッテリーに充電されるため、ライトの明るさは変化しません。ライトの明るさを見極めるのは停止時になります。停止しているときに以前よりも暗く感じたり、明るさが変化するようであればバッテリーの残量が残り少ないと判断できます。ただし、ライトがLEDだったり、ハイブリッドカーに乗っている場合ではライト類の明るさでバッテリー残量を見極めるのは難しいかもしれません。

バッテリー液の色が濁ってきた

バッテリーの中には液体が入っていて、この液体の色でも寿命をある程度判断することができます。バッテリー液は純精製水なので、購入時は無色透明ですが、使い続けているとだんだんと濁ってきます。液が濁ってきていたら交換を検討した方が良いでしょう。

バッテリーを長持ちさせる方法

では、バッテリーを長持ちさせるにはどうしたらいいのでしょうか。

定期的にエンジンをかける

バッテリーは走行しているときに充電されます。長期的にエンジンをかけていないと自己放電によってバッテリーの電力はどんどん消費されます。車に普段乗らないという人でも週1回、30分程度は車を走らせるようにしてください。

車内機器を無駄遣いしない

車内機器をたくさん使っていればそれだけ電力の消耗が激しくなります。カーナビを極力使わないなど、日々の小さな節約でバッテリーの寿命を大きく延ばすことができます。特にエアコンは電力をたくさん消費するので、目的地に到着する少し前に停止させるなど、工夫して使用しましょう。

バッテリーは定期的にチェックし、必要であれば交換を!

バッテリーは車の部品の中でも特に大切なものの一つです。バッテリーが上がると車が動かなくなるため、電力が空になる前に定期的に交換するようにしましょう。バッテリーの保証期間を守るのがもっとも安全ですが、車の状態を常に観察しているバッテリーの減少による予兆を見極めることができるようになります。

車の買取査定をご希望のお客様はこちら

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ