車のローン審査に落ちてしまった……ローンに落ちてしまった理由とは

車のローン審査に落ちてしまった……ローンに落ちてしまった理由とは

自動車を購入するとき、多くの人が「自動車ローン」を利用します。しかし、申し込んだ全員が利用できるわけではありません。自動車ローンの基本的な知識をふまえ、なぜローンの審査に落ちることがあるのか、落ちたらどうすれば良いのかなどを解説していきます。

そもそも自動車ローンとは?

通常、何か商品を購入するときは代金と引き換えに商品を受け取ります。ところが、自動車の場合は100万円以上の高額になることも珍しくなく、現金一括払いが難しいことも多いです。このため、ディーラーや銀行などから必要な購入代金を借りて自動車を先に購入し、代金を分割して返済していくという方法が行われています。これが自動車ローンの基本的な仕組みであり、借金して自動車を購入するということになります。そのため、毎月決まった金額を、数年かけて返済していくのが一般的です。金利は自動車ローンを申し込む金融機関などによって異なりますが、自動車の代金はかなり高額になるため、利息だけでも大きな金額になります。どの企業と自動車ローンを組むかによって、総返済額が大きく変わることもあるので注意が必要です。

自動車ローンを利用することで、手元にまとまった現金がなくてもすぐに自動車を手に入れることができます。ただし、申し込めば誰もがローンを利用できるとは限りません。なぜなら、自動車ローンには必ず審査があるためです。お金を貸す方としては、毎月きちんと返済してもらわなければ損をしてしまいます。その人が本当に返済能力を持っているのか、信用できる人物なのかを慎重に審査する必要があるのです。審査に落ちたら、当然ですが自動車ローンを利用することはできません。このため、まずは自分が自動車ローンに通るか否かをしっかり判断することが大切です。

なぜ自動車ローンの審査に落ちる?

自動車ローンの審査内容は、各金融機関などで異なります。また、その内容や基準を公表することもありません。このためローン審査に落ちた理由を明確に断言することはできませんが、ある程度「落ちやすいポイント」というのは分かっています。

新車を購入し何百万円ものローンを組む場合は、金利が1%まず注意したほうが良いのは、クレジットカードの滞留履歴がある場合。クレジットカードの返済もローンの一種であるため、返済を滞らせたことがあると返済能力に問題ありと判断されてしまいます。さらに、年収が低すぎる、会社の勤続年数が低いなどといった場合も返済能力が疑われてしまいます。年収が低いということは返済余力が少ないのではないか、勤続年数が低いと転職を繰り返していて収入が途絶えるのではないかと見なされ、返済が滞る可能性が高いと判断されてしまうのです。また、自動車ローンに過去複数回申し込んだものの審査落ちしていたり、直近で自動車ローン以外のローンにも申し込みをしていたりする場合も要注意です。過去に審査落ちが多いということは、それだけ返済能力に問題ありと判断されている証拠です。複数のローンに申し込んでいれば、返済額が増えてスムーズに返済できないと考えられてしまいます。こういったケースに該当する場合、ローン審査に落ちてしまう可能性が高いので注意しましょう。また、言うまでもありませんがローンの申し込み時に嘘の情報を入力するのは論外です。審査の際は「個人信用情報機関」に申込者のさまざまな情報を照会して審査したり、勤務先の会社に在籍確認の電話が入ったりすることもあります。審査の中で嘘が発覚する可能性はかなり高く、そうなれば信用を一気に失って審査落ちしてしまうでしょう。

このように、審査に落ちる理由はさまざまなことが考えられるため、申し込み前に該当するものがないか慎重に考えなければなりません。

自動車ローンの審査に落ちたらこうしよう!

自動車ローンの審査に落ちる理由はさまざまですが、落ちたからといって諦める必要はありません。ローンの審査は金融機関やディーラーごとに異なるため、他のローンへ申し込みを行えば通る可能性もあるのです。

ローンに通る可能性を高めるためには、まずローンの割合を下げてみましょう。年収と照らし合わせて返済に無理が無い金額ほど審査に通りやすいため、貯金をして頭金を増やしたり、もう少し安い車を選んだりしてみてください。また、一般的に金利の高いローンのほうが審査に通りやすい傾向にあるため、金利の低い銀行系のローンではなくディーラー系のローンを検討してみましょう。金利が高いと返済額も高くなりますが、そもそも借りられなければ意味がないので仕方ありません。

この他、クレジットカードローンに申し込むという方法もあります。カードローン機能が付いたクレジットカードに申し込み、それを車の代金の支払いに利用することで、実質的に自動車ローンを利用しているのと同じになります。どうしても自動車ローンの審査に通らない場合は、こちらを検討してみてください。

自動車ローンの審査に通るには準備が大切

審査では、申込者の過去の金融事故の有無や年収、勤続年数などさまざまな項目がチェックされます。この中でも、返済能力に関わる金融事故の有無は特に重視されるため注意が必要です。自動車ローンの申し込みに落ちないためには、事前に金融事故などの記録が残されている個人信用情報をチェックしておくことが大切です。個人信用情報は一定期間が経過すると削除されるため、心当たりがあるならその期間が過ぎるのを待って自動車ローンを申し込むと良いでしょう。同時に年収や複数のローン申し込みなど、審査に落ちやすいポイントにも注意し、事前に問題をクリアしておくようにしましょう。

車の買取査定をご希望のお客様はこちら

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ