中古車を購入する際にかかるかも? 車のリサイクル料金とは

中古車を購入する際にかかるかも? 車のリサイクル料金とは

車は大きくて重量もあるので、廃車をそのまま処分すると大量のゴミが発生し環境に被害を与えます。そのため車のリサイクル方法については法律で明確に定められて、同時にリサイクルするための料金を購入者が支払うようになりました。今回は車にかかるリサイクル料金やその内訳などについて説明をおこないます。

車のリサイクルは法律で決まっている

車は鉄などの有用金属をたくさん使用してつくられるため、全体の80%ほどがリサイクルできるようになっています。ですが、残りの約20%はプラスチックなどリサイクルできないものであり、これらは「シュレッダーダスト」というゴミとして処分されます。そしてその中には解体に特殊な技術が必要なエアバッグや、適切な方法で処分しないと環境に大きな被害を与えるフロンガスなどがあります。

そうした車のシュレッダーダストを適切に処分し、さらに環境に大きな影響を与えないために「自動車リサイクル法」というのが制定されました。この法律の対象者は車の購入者をはじめ、処分する車を引き取る業者、フロンガスなどの回収する業者、車の解体業者および破砕業者などです。自動車リサイクル法には、各業者は環境に被害を与えない処分方法や不法投棄しないことなどについて明記しており、購入者に対しては適切なリサイクルをするためのリサイクル料金を支払うということが規定されています。

リサイクル料金を支払うタイミングとその後の扱い

車のリサイクルをするのに必要なリサイクル料金は、基本的に車を購入したときに支払いをします。そのため、車の売却や処分をするときには料金が発生することはありません。リサイクル料金は車の原価とは別になっているので、支払いをおこなうとリサイクル券および領収書が発行されます。券自体はA券とB券に分かれており、それぞれが預託証明書、使用済自動車引取証明書となっています。特にB券の方は車を処分するときに必要なものなので紛失しないように注意しましょう。

もしもリサイクル券を紛失してしまった場合は「自動車リサイクルシステム」のサイトにあり「自動車リサイクル料金の預託状況」からリサイクル券と同等の証明書を発行してもらい、それを使用するようにしてください。

リサイクル料金を支払うと、その情報は資金管理法人である「自動車リサイクル促進センター」に送られて、センター内のデータベースに登録されます。所有している車を処分するまでリサイクル料金を支払った情報はセンター内で厳重に管理されるため、ハッキングされたり、情報を書き換えられたりする心配はありません。

リサイクルの対象になる車とならない車

基本的には小型車からトラックやバスなどの車、8ナンバー車の特殊自動車などほぼ全ての自動車がリサイクル対象となっています。ですが、車の状態や業者の事情によってリサイクル対象とならない車が存在しています。

それが被けん引車および油圧ショベルやコンバインなどの大型、小型の特殊自動車です。それらの車は内部の構造が特殊なため、通常の四輪自動車で使用する解体ルートが使用できません。そのためリサイクルの対象外となっています。

自動二輪車やスノーモービルなどの車両も被けん引車などと同じくリサイクル対象外です。ただしこちらの場合は少し事情が異なります。自動二輪車などには処分がやっかいなエアバッグ類がなく、さらにエアコンもないことからフロンガスも搭載されていません。そのため、シュレッダーダストの発生量が少なく、リサイクルをしなくても環境への負担が少ないと判断されたことによりリサイクル対象外となりました。なお、自動二輪車については日本自動車工業会が中心となって自主的にリサイクルの取り組みをおこなっています。

車の種類によってリサイクル料金は変わる

車のリサイクル料金の目安としては以下の通りになります。いずれもエアバッグが複数個あり、さらにエアコンが搭載されていることが前提です。

  • 軽・小型乗用車:7千円から1万6千円程度
  • 普通乗用車:1万円から1万8千円程度
  • 中・大型トラック:1万円から1万6千円程度
  • 大型バス:4万円から6万5千円程度

これらとは別に廃車時の資金管理料金として480円、情報管理料金として230円の支払いが発生します。また、車種によってはリサイクルできる部分とできない部分の割合が異なるため、料金にばらつきがあることには気をつけてください。

リサイクル料金の内訳は「シュレッダーダスト料金」「エアバッグ類料金」「フロン類料金」となっています。特にシュレッダーダスト料金が高く、リサイクル料金全体の半分以上を占めています。また、所有している自動車を廃車として処分した場合、車検証にある残存期間によっては所有者に対して自動車重量税の一部が戻ってくることがあります。

中古車の場合は車のリサイクルについて注意が必要

車のリサイクル方法については法律で明確に定められており、料金の支払いも購入時に必ずおこなわれるので、購入者がリサイクルについて気にすることは基本的にありません。ですが、中古車を購入する場合は別です。この場合、車の原価に加えてリサイクル料金も支払うことになるので、あらかじめ車の種類からどのくらいリサイクル料金が発生するのかを調べておくようにしましょう。

車の買取査定をご希望のお客様はこちら

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ