事故車を売りたい! 査定額はどのくらい下がるもの?

事故車を売りたい! 査定額はどのくらい下がるもの?

一般的な中古車を売る時と違い、事故車売却時の場合、何かと不安を感じてしまうもの。大きく査定額が下がるのではないか?そもそも買取自体をしてもらえるのか?など、事故車オーナーならではの心配があります。今回は、事故車の買取について詳しくご紹介いたします。

事故を起こしたら事故車?

はじめに確認しておきたいのが事故車の定義についてです。意外と曖昧な認識がされていることもあり、オーナーの中にも誤解をしたままになっている人もいるかもしれません。

文字通りに受け取れば、事故車というのは、事故を起こしたことがある車と受け取ることができます。しかし車業界の定義では、事故を起こした車を一律で事故車と呼ぶことはなく、骨格に損傷を負い、修復や交換歴がある車を事故車としています。

なお、厳密には事故車とは呼ばず、修復歴車と呼ばれることが多いです。ただ便宜上、事故車と言った方が分かりやすい面もあるために、この言葉が使われることもあります。従って、中古車を購入する際には、もしも事故車と紹介されたら修復歴がある車と頭の中で変換すると良いでしょう。

どこからが修復歴ありと区分されるのか?

骨格に損傷を負った車が、事故車あるいは修復歴車と呼ばれています。では具体的にどのような部分にダメージを負うと事故車扱いになるのでしょうか

例えば、フロントクロスメンバーやピラー、トランクフロアパネルなどが該当します。全体では9ヶ所に分類され、その中のいずれかに問題があると、事故車として取り扱うという取り決めが設けられています。

一方、事故車扱いにならない部分としては、フロントバンパーやドア、ボンネットなどを含めた、骨格ではない外側部分がそれに該当します。たとえ激しく損傷を負ったように見えても、大事な内側の骨組み部分が正常ならば一般の中古車扱いをしてもらえるでしょう。

事故車と判断されたら価値はどれだけ下がる?

一般の中古車と事故車とを比較した場合、気になるのが、価値がどのくらい下がるのかということ。これはケースによって違うために一概には言えないものの、多くの場合は数十万円単位で査定額が下がります。いくら外側をキレイに直したとしても、内側に問題があると著しく価値は落ちてしまうため、査定においては不利な状態と言えるでしょう。事故車ですと中古車としても売れにくくなる傾向がありますので、どうしても価値が下げられてしまいがちです。

骨格以外にダメージを受け、それを直した車ならばそれほど価値は下がりません。もちろん、ダメージを負ったままですと減額対象となるものの、キレイに直してあれば特に査定に影響はしないことが多いです。従って、過去にぶつけるなどして損傷があった場合だろうと、現状がキレイならば以前のダメージについては不問とされます。

修復の前にまずは査定をしよう!

査定に出す場合、少しでも価値を高めようと事故車の修復を試みようとするオーナーもいるかもしれません。しかしその行動は損をすることが多いために注意が必要です。骨格の修復となると安くない費用が掛かることが多い上、提示される査定額が掛けた費用を上回ることは殆どないからです。修復をしていくらか査定額が上がるにしても、掛かった費用の方が大きいことで得には繋がりません。逆に何万円も損をする可能性もありますので、迂闊に直そうとするのはあまり良いことではないと言えます。

なお、修復に限らず、一般の修理に関しても同様です。例えば、査定に出す前にドアの傷を直してから売ろうとしても、上記のケース同様に修理のための費用の方が高く付く可能性は高いです。基本的に、売るために費用を掛けてしまうと、損をする結果になることが多いのです。

この点を踏まえて大事なのは、まずは査定に出してみること。事故車だろうと査定を受けられますので無理に直す必要はありません。その上で直す理由があるのならば、キレイにした場合の価格についても相談をしながら決断を下すのが良いでしょう。

お得に車を手放すためには、どのような売り方をするのかも大切です。そして高く売りたいオーナーにおすすめと言えるのは、下取りではなく買取に出すこと。下取りは様々なマージンが発生することが多いゆえ、買取と比べると安値な価格になることがままあります。その上、事故車ですと価値が大きく下がる傾向があり、納得のできる金額は付けてもらえない可能性が高いです。場合によっては値を付けての引き取りはされず、逆に廃車費用を請求されることも。一方、買取専門でやっているところならば、事故車でも利益を出すためのノウハウを持っていることが多く、下取りよりもお得な結果に期待ができるでしょう。

事故車でも売ることは可能!査定ならアップルへ

事故車は売却においては不利になる可能性があるものの、しかし定義を当て嵌めてみると、もしかしたら事故車には区分されない状態かもしれません。誤解された認識になっていることもありますので、どこからが事故車となるのか、ボーダーラインの確認をしてみると良いでしょう。

いずれにせよ、まずは査定に出してみることが大切です。その際には幅広いネットワークを持ち実績も豊富なアップルにぜひご相談ください!

車の買取査定をご希望のお客様はこちら

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ