危険? 車の個人売買を行うと発生するリスク

危険? 車の個人売買を行うと発生するリスク

車を買ったり売ったりする際に個人間でのやりとりを検討する人も少なくないでしょう。取引相手は知人であったりオークションの出品主など様々ですが、車の個人売買にはメリットもありますが、さまざまなリスクも予想されます。今回は車の売買を行う際に失敗しないよう、車の個人売買におけるメリットやリスクを把握しておきましょう。

車の購入・売却を行う際に考えられる手段は?

車を買う、もしくは売る事を検討する時に選択肢として考えられるのは主に「中古車買取業者での買い取り・購入」と「個人売買」の2通りです。新車を購入するのであればメーカーのショールームという選択肢も考えられます。中古車買取業者を介して車を売却する方法は「下取り」「通常査定」「一括査定」の3パターンです。

下取りは車の買い替えを行う際に持ち込んだ車を買い取ってもらう方法で、新車の値段の一部を買取金額で割り引くようなイメージになります。査定から購入までを一つの店舗で済ませる事が出来る為手間がかかりませんが、査定金額が低く見積もられがちです。

通常査定は中古車買取業者に依頼して買い取ってもらう方法であり、業者によっては査定額を高く付けてくれる場合もありますが数ある業者から一つの業者を選ぶのに手間がかかります。

インターネットで一度に複数の業者へ仮査定を依頼出来るのが一括査定です。査定額を比較出来る事がメリットですが、実際に本査定へ持ち込んだ場合に金額が上下する可能性がある点に注意が必要でしょう。

個人売買を行う場合は「車を買う人」と「車を売る人」で必要な書類が異なります。

車を購入する場合には「車庫証明」「実印と印鑑証明書(発行3ヶ月以内)」が必要です。車庫証明は手続きから警察署の確認が取れるまでにタイムラグがあるので留意しておきましょう。車を売却する際は「自動車検査証」「自賠責保険証明書」「自動車税納税証明書」「委任状・譲渡証明書」「印鑑証明書」「リサイクル券」など必要な書類が多岐に及びます。また、車検証記載の住所と現住所が異なる場合や複数回転居している場合には住民票や戸籍謄本が必要です。

車を個人売買するメリット

車を個人売買で取引する際のメリットとして、双方の希望に見合った売買価格が実現しやすいという事が挙げられます。

買取業者を介して売買を行う場合には、仲介した業者の数だけ諸経費や手数料が発生します。その為、車を売るにも買うにもその中間マージンが上乗せされることから、比較的売却価格は安く、購入価格は高くついてしまうのです。個人売買ではこうした中間マージンを省く事で売る側は業者に売るよりも高く、買う側は業者から買うよりも安く車を手に入れる事が可能になります。

また、個人と個人の間で取引されたものには消費税がかかりません。税率にも左右されず、必要以上に費用がかかる事なく取引出来る事も個人売買のメリットと言えるでしょう。

オークションなどを通じて入手困難と言われる様な希少車と巡り合える可能性が高い事も、個人売買の醍醐味の一つです。

車を個人売買する際に考えられるリスク

購入者側にも売却側にも金銭的メリットのある個人売買ですが、反面様々なリスクを伴っている事もまた事実です。

車の個人売買では車両の名義変更を行うのは購入者である場合が多いです。しかし購入者が何らかの理由により名義変更を怠って車を乗っていると、自動車税の請求が売却した人の手元に届いてしまいます。購入者が交通事故や駐車禁止などの違反を犯して出頭しないと、最終的な責任・罰金が車検証に記載された使用者である売却者に回って来るのです。警察に相談しても基本的に「民事不介入」として取り合ってもらえない事も多く、泣き寝入りで罰金を支払うというケースも少なくありません。

他にも、個人売買では購入者側が対象の車両に修理歴や事故歴、水没歴があるかを確かめる術が乏しいというのが現状です。もし、買った車が盗難車両であった場合はトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。売却主がそれを知った上で取引を行った場合には法的な手続きをもってキャンセルが可能です。しかし売却主もその事実を知らず、取引の契約書に「暇疵担保責任を負わない」などの記述がある場合、購入者は泣き寝入りをしなくてはならなくなってしまいます。

また、個人売買では書類手続きがやや煩雑であり、書類になんらかの不備などがあると取引の完了までに時間がかかってしまう可能性もあるでしょう。急な用立てで車を売却する際には注意が必要です。オークションなどに出品する場合には買い手が付くまでに時間がかかり、すぐに売却出来ない事もあります。

近場に住む知人などであれば実際に車両を確認してもらう事も可能ですが、個人売買では基本的に現物を確認しないままの現状引渡しとなります。従って購入者側が「思っていた状態と違う」との理由からトラブルに発展する可能性もあるのです。

金額面でもリスクがあります。個人売買ではマイカーローンの制度が利用出来ない為、原則的に取引は一括払いです。少しでも安く費用を抑えようとする購入者は取引が確定した後に値引きを要求してきたり、費用が準備出来るまで入金を渋るケースもあります。双方の合意がある場合には分割払いでの取引可能ですが、支払い滞納のリスクを考慮した上で保証内容を付け加えるなどのリスクマネジメントが必要になるでしょう。

総合的に考慮した場合、車の個人売買はどうなのか

車の売買は人生の中でも大きな買い物と言える部類であり、少しでも安く買ったり高く売ったり出来るという点では個人売買にもメリットはあるでしょう。しかし、名義変更の手続きや車両状態の確認など双方にとって看過出来ないリスクが多く存在している事もまた事実です。メリットとリスクを総合的に比較して見れば、買取業者や専門の販売業者に依頼して安心した取引を行う方が良いでしょう。

安心して売却出来る買取業者の利用がオススメ

今回ご紹介したように車の個人売買には様々なリスクが伴っているので、トラブルを回避する為に買取・販売業者を利用しましょう。

数ある買取業者の中でも、アップルは4年連続顧客満足度1位を達成した実績のある業者です。車の買取・購入を検討しているのであれば、是非アップルへお問い合わせください。

車の買取査定をご希望のお客様はこちら

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ