どうすれば良い? 車検が切れてしまった車を廃車するには

どうすれば良い? 車検が切れてしまった車を廃車するには

車の処分を検討している人の中には、長期間放置していたことで車検が切れてしまって動かすことができずに頭を悩ませるケースも少なくありません。車検が切れている車は公道を走ることができないので移動をさせるための対応が必要不可欠です。そこで今回は、車検が切れている車の処分方法や費用についてご紹介します。

車検切れの車で公道を走行した場合に起きる問題

日本では車を安全に走行するために公道と呼ばれる一般道を走行するために指定の期間で検査を受けることが義務付けられています。

この車検と呼ばれる検査は車の排気量や車種に関わらず有効期限が決められているのが特徴です。そのため、車を継続的に乗り続けていくのであれば期限が切れる前に改めて車検を受け直すことが基本となります。車検が切れてしまっている車は公道を走行することはできません。万が一切れていることに気が付かずに走行してしまうと無車検運行という違反によって罰金が取られてしまうので注意が必要です。

車検が切れてしまっている車を廃車するための主な方法

自宅に眠っている不要になった車の廃車を検討した時に車検切れだった場合に頭を悩ませるのが移動方法についてです。廃車の処分は主に買取店への依頼や解体業者への持ち込みといった方法が一般的ですが、どういった選択をするにしてもその場所まで車を移動させなくてはいけません。しかし、前述したように車検が切れている車で公道を走行することは法律違反となってしまうので何らかの対処が必要になります。この時に比較的多くの人が選択をするのが車の買取を行っている業者に引き取ってもらう方法です。こちらは駐車違反の処分でお馴染みのレッカー車を利用して車を移動させるやり方で移動に伴う別途費用が掛かる反面、安全に運べて余計な手間が不要な点がメリットになります。

そしてもう一つが自分で持ち込む方法です。こちらはまず公道を走行するために仮ナンバーと呼ばれる一時的な法的効力を持つナンバープレートを手に入れなくてはいけません。仮ナンバーの取得も若干の費用が掛かりますが、レッカー車に比べてリーズナブルな値段で済みます。

廃車の手続きをするための書類と入手方法

廃車の手続きを行うには費用はもちろん、必要となるいくつかの書類も事前に準備しておかなくてはいけません。まず基本となるのは永久抹消登録や自動車に関わる税金等の書類、手数料の支払いに必要となる印紙です。これらの書類は全て住んでいる自治体を管理している運輸局で手に入れることになります。書類は所定の場所に全て設置してある物を取ってくるだけなので窓口で交付の申請する必要はありません。

そのほかにも自動車検査証や印鑑登録、ナンバープレートなども必要となります。この時に注意をしなくてはいけないのが自動車検査証に記載されている名義の確認です。車が自分名義であれば問題はありませんが、親や知人といった自分以外が名義人となっている車を廃車にする場合は別途手続きをすることになります。

廃車に必要となる費用

廃車を検討する人の多くが気になるポイントの一つに手続きに掛かる費用が挙げられます。前述の項で説明したように、車検が切れている車はそのまま走行して持ち込むことができないため、まず最初にレッカーの移動や仮ナンバーの取得といった対応が必要です。

レッカーを利用する場合に掛かる費用は走行距離によって異なりますが、平均で2〜3万円程度になります。仮ナンバーを申請して自分で持ち込むのであれば金額は1000円前後です。

次に必要となるのが解体に掛かる費用になります。こちらも業者によって若干の値段の違いがあって金額は1〜2万円ほどです。車の状態よる差はあるとはいえ、廃車に掛かる費用は平均5万円前後で収まると考えて問題ありません。

廃車手続きの基本的な流れ

廃車による処分でまず最初に行うのが専門業者への依頼になります。依頼方法は電話による申し込みやインターネットのホームページの専用フォームを利用した申請といったものです。依頼をする時に処分をする車の車種や年式、状態について質問されるので事前に書類の用意や必要事項の確認をしておくとスムーズに手続きが進みます。そして依頼の時に指定した日にちに車を何らかの形で移動させます。レッカーを希望する人は自宅に業者が訪れるので特に自分が行うべきことはありません。その後必要な書類に記入、捺印をして提出すれば完了になります。

車検が切れている車でも買取処分は可能?

車検が切れている車の処分というと廃車というイメージを持つ人も多くいますが、実際にはほかの選択肢もあります。その一つが買取で、車検切れの車であっても引き取ってくれる買取業者は少なくありません。これは海外における日本車の需要の高さが理由に挙げられます。

車に対する考え方は国によってそれぞれ異なり、日本では全く価値がないとされる物であっても海外では需要があるケースも珍しくありません。仮にそのままでは使えなくても解体してパーツとして売却することもできるなど車販売業者にとってメリットが多いことから、車検の有無が査定に影響をすることは少ないのが実情です。

そのため、廃車の選択をする前に買取の査定をしてもらうことがおすすめと言えます。

廃車の高額買取を上手に活用する

車の状態に関わらず廃車の手続きにはいくらかの費用が掛かってしまうのは否めません。しかし、買取を利用すれば不要な車の処分と共にお金を得ることができます。廃車を考えている方はぜひアップルに一度ご相談ください。

車の買取査定をご希望のお客様はこちら

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ