どちらがどう違う? 車の買取と下取りの違いについて

どちらがどう違う? 車の買取と下取りの違いについて

車を処分する方法として、買取と下取りという方法があります。しかし、これらのサービスを利用したことがほとんどない人にとっては、違いが分かりにくいことも少なくありません。今回は、この両者のメリットやデメリットについてご紹介していきます。

車の買取と下取り、こんなに違う

車の買取というのは、中古車を販売している業者などが、不要になった車を査定して金額を提示してくるというものです。両者が合意すれば現金を渡して車を引き取っていきます。

買取業者は、一般的に見かけることの多い車両であればだいたい買取対象としており、業者数も多いです。そこで、利用者は複数の業者から相見積もりをとって比較することがほとんどです。多少の額の差は見られますが、元々買い取った車両を整備して中古車市場で売るために査定をしていますので、中古車オークションなどの相場が基準額になります。

一方、下取りというのは、新車を購入する際に、不要になる現在の車をディーラーに引き取ってもらうという手続きです。この場合は売却した車両分の現金を受け取るのではなく、下取り価格分を新車の購入代金から差し引くという流れになっていますので、価値の高い車であれば、購入代金が安くなるということです。実質的には、中古車の価値というよりも、新車を売るときにどこまで値引きできるかという判断が基準になっていることも少なくありません。もちろん、同じ中古車について同じディーラーに査定してもらった時も、できるだけ販売したいと考えている車を購入する相手に対しては、下取り価格が高くなるというケースが見られます。

車を買取に出すメリット・デメリットとは?

車を買取に出すメリットは、買取対象の車種が多く、比較的どこでも相談できるという点です。また、一括査定などのサービスもあるため、複数の業者にコンタクトをとり条件が良いところをピックアップして、個別に実車を見てもらうということもできます。一括見積サービスでは、無料で対応可能な業者をピックアップして、直接連絡が来るように手配してくれるため、業者探しの手間も省けます。一般的には、下取りよりも高い金額で買い取っているところが多く、できるだけ愛車を高く売りたいと考えている人にはお勧めです。

一方、デメリットとしては、一括査定が無料で利用できるとはいえ、複数の買取業者からの連絡を受けて、何度か実車の査定に立ち会わなければならないため、忙しい人にとってはかなり時間をとられて負担になるでしょう。また、買取の場合には自分である程度必要書類を準備したり、手続き等に関して情報収集をしたりしなければなりません。下取りよりも高く売ることができても、その差額に見合うだけの価値があるかという点に関しては、人によって判断が分かれます。

車を下取りに出すメリット・デメリットとは?

車を下取りに出すメリットは、手続きが簡単なところです。何しろ、新車を購入するための手続きをする際に、今の車を下取りに出したいと話をするだけで、ディーラーがその場で査定をしてくれるため、わざわざ業者探しや見積もりの比較などをする必要がありません。必要書類の手配や名義変更の手続きなども、ディーラーが代行してくれますので、指示のあったものだけ手元に用意しておけば終わりです。わざわざ手間をかけてまで、数万円の差で高く売りたいとは考えない人ならば、こちらの方がストレスも少ないでしょう。

一方、デメリットもあります。まず、ディーラーは新車販売に力を入れており、中古車販売の規模はそれほど大きくありません。そのため、下取り額はできるだけ損失を出さないように、買取よりも安く抑える傾向が見られます。場合によっては買取と下取りの見積額が数十万円の差になることもありますので、できることなら両方の見積もりを取って比較してみたいものです。また、下取りの場合には、新車購入をスムーズに運ぶための値引きという目的もあります。そのため、査定額が単純に車の価値で決まる訳でなく、ディーラー側が値引きしてもよいと考えた範囲の金額を提示されることがほとんどです。

買取査定でお得に新車を購入

このように、一般的には下取りに出すよりも、買取を利用したほうが手元に入るお金が多いです。買取と下取りで悩んだ場合には、ぜひ買取を選択してみましょう。

また、アップルでは全国規模で無料の出張査定を行っており、手間をかけずに車の査定および買取をすることができます。ぜひ、車の買取の際にはご相談ください!

車の買取査定をご希望のお客様はこちら

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ