水没してしまった車はまだ乗ることができる? 処分したほうが良い?

水没してしまった車はまだ乗ることができる? 処分したほうが良い?

何らかの理由で車が水没してしまったという経験をした人は少なくありません。ただ水没してしまった車はそのまま乗り続けることができるのか、処分した方がいいのかわからないという悩みや疑問は多いようです。そこで今回は、水没してしまった車をどうすればいいのか解説していきます。

水没車の定義とは?どのような車?

水没車とは、一般的に台風や洪水によって冠水してしまった車のことを指します。最近では台風や洪水だけではなくゲリラ豪雨による浸水によって、車が水没してしまうことが増えてきており、被害を被ってしまう人は増えてきていると言われています。

また自動車保険での水没車の定義としては、エンジン部分が全て水に浸かってしまった状態のものや車内のダッシュボードの上まで水没してしまった状態のものを指すようです。ほかにも車の買取業者での定義の中には、車体の3分の1が水に浸かってしまったものや水の侵入してきた位置がはっきりわかるものが水没車とされている場合もあります。

このように水没車の定義はそれぞれ異なっているので、必要に応じて業者に確認しておくことがおすすめです。

水没してしまった車に乗り続けるとどんなリスクがある?

エンジン部分まで浸水してしまった水没車の場合は、乗り続けようとしてもエンジンそのものが駄目になっているので処分するしかないと言われています。ただエンジン部分が無事でしたり、軽度の浸水で済んだ水没車の中には、一見そのまま乗り続けることができるようなものもいくつかあるようです。

このような運転可能な水没車に乗り続けた場合、様々なリスクに注意しなければなりません。目に見える傷や水没した跡がわかる場合は、ある程度修理をすれば修理歴はついてしまいますが見た目には問題がなくなります。

ただ水没した車は目には見えない部分である内部にダメージを抱えている可能性が高く、そのまま走り続けていると徐々に内部から腐食が始まってしまうリスクがあります。特に海水に浸かってしまった車は通常の水に浸かった場合よりもダメージを受けてしまうため、腐食や劣化によって様々なトラブルを起こしてしまう可能性が高いのです。

また、水没した車のシート部分や細かな部分に泥や砂が蓄積されてしまうことから、臭いが発生してしまうリスクも考えられます。そうなるとシート部分は取り換えが必要ですし、取り換えも掃除もできない細かな部分は業者に依頼しなければいけません。結果的に余計な費用が掛かってしまうほか、臭いが完全に取り切れない場合もあるので乗り続けることは避けた方がいいと言われています。

水没した車は買取に出した方がよい

水没した車は乗り続けたとしてもリスクが高く、様々なデメリットを生じてしまいます。そのため修理をするよりも買取で処分してしまった方がいいと考えられています。

その理由の一つとして言われているのが、修理にかかる費用コストが高い点です。水没した車は内部を含めて全体を修理しなければ乗り続けることは困難で、例え修理したとしても後から部品が劣化してしまった……などのトラブルが予想されます。さらに車内に汚れや臭いなどが残ってしまうため全て取り替えたり修理をしなければいけないので、かなり高額の修理費用が必要になってくるのです。

しかも後から劣化などでトラブルが起きてしまったら改めて修理費用が必要となってしまいますし、場合によっては修理することができない状態になることも考えられます。このようなリスクが起きる可能性が高い点も、修理よりも買取の方がいいと言われている理由の一つです。

また水没した車を修理してしまうと、いざ買取をしてもらおうと査定に出した時に修理歴をチェックされてしまいます。修理歴があるとそれだけで査定価格に影響が出てしまい、安値で買いたたかれてしまう可能性があります。最終的には買取で処分したとしても修理費用で損をしてしまうので、買取を検討しているのであれば初めから修理をせずに買い取ってもらった方がいいのです。

水没車を買い取ってもらう方法は?

水没車は一般的な買取業者では取り扱っていない場合があるので、水没車の買取も取り扱っている業者を探して依頼する必要があります。

その中でも自社で廃車工場を持っていたり、車のパーツや部品をリサイクル・リユースしているところ、自動車税や重量税を還付してくれるところがよいと言われています。これらのポイントを押さえている買取業者であれば、水没車でも比較的良心的な価格で買い取ってもらえる可能性が高いのでおすすめです。

ただ水没車を買い取ってもらう際の注意点として、事前に買い取ってもらう車が水没車である旨を伝えておく必要があります。水没車や冠水した車は一見すると水没していたのかどうかわからないものも多く、依頼主が事前に伝えていなければ査定することによって水没車だと判明するケースが少なくありません。このようなケースの場合、買取業者側から買取をキャンセルすることができる案件なので、買取を拒否されてしまうリスクがあるのです。そのため、買取査定を依頼する時には事前に水没車または冠水した車である旨を必ず伝えましょう。

水没してしまった車は買取処分がおすすめ

何らかの理由で水没してしまった車は、修理すればある程度乗り続けることは可能です。ただ修理費用やその後の故障のリスク、さらに買取の際に査定額に響いてしまうリスクなどが考えられるため、修理するよりも買取処分をした方がいいと言われています。

水没車でも買い取ってくれる業者はいますし、ポイントを押さえて選べばある程度高く買い取ってもらえる可能性もあります。事前に水没車である旨を伝えておけば買取キャンセルされるリスクもないので、車が水没してしまった時には買取処分を検討することがおすすめです。

車の買取査定をご希望のお客様はこちら

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ