冠水の際には注意しよう! 車が水没してしまったときの対処法

冠水の際には注意しよう! 車が水没してしまったときの対処法

最近は異常気象のせいなのか、ゲリラ豪雨や集中豪雨などによる水害が増えているように思えます。ニュースなどで冠水した道路を走っている車を見たことある人もいると思いますが、自分が同じ状況になった場合にはどうするのが良いのでしょうか?冠水の際の注意点、車がもし水没してしまった時の対処法についてまとめていきます。

車はどのくらいの水位までなら走行できる?

そもそも車は水の中でも走行可能なのでしょうか?答えは不可です。通常の車は防水対策がしっかりとされている訳ではないので、車に水が入ってしまうと故障に繋がってしまいます。その為冠水しそうな場所は最初から避けるのが理想ですが、急な大雨などで予想外に冠水が発生してしまう事もあります。

その時に重要なのが、冠水してしまった道路の水位です。それぞれの車の性能によっても違いはありますが、基準としてはマフラーの高さよりも水位が高い場合は運転するのは控えましょう。

雨などの水はエンジンルームやマフラーから水が入るケースが多いです。マフラーよりも水位が高い場合は、水が逆流して入ってきてしまいます。マフラーの高さを基準として、運転が可能なのかを見極めるのがオススメです。また道路は必ずしも平坦ではありません。水位が浅く見えたとしても、道路の陥没や起伏によっては水深の深い所もあるので注意しましょう。

道路が冠水してきてしまっている際の運転方法

まず冠水した道路に入らないのが基本ですが、どうしても通る必要がある場合はいくつか注意点があります。まず大前提として、冠水した道路へ勢いをつけて侵入する事は避けましょう。

水は決して柔らかい訳ではありません。強い衝撃に対しては強く反発してきます。20センチ程の水深に時速40キロで侵入すると、その時の衝撃でバンパーなどの前面部が破損する恐れがあるとされています。もし通り抜けられた場合でも、後から衝撃によって破損していたという事も珍しくはありません。また勢いをつけて侵入する事で、水面に車が浮いてしまう事もあります。浮いてしまった場合はもう前後に進む事ができなくなり、その後浸水してきて水没へと繋がってしまいます。

冠水してきている所を運転する時は、まずは1度道路わきに停車して水位を確認しましょう。他の車が通っているのであれば他の車を参考にし、そうでなければ縁石やガードレールを基準にして水位を確認します。幹線道路の縁石の高さは約15センチで作られており、一般的なガードレールは下の部分までが約60センチとなっています。その高さを基準として考え、確実にマフラーよりも水位が低い場合以外は引き返す方が良いでしょう。そして水位が低いと判断した場合でも、ゆっくりとした速度で侵入していくようにしましょう。侵入した後はエンジンを高回転に保つ事が重要となります。具体的には一番低いギアにして、ブレーキをかけながら進んでいきます。そうする事で多少は水が逆流して入ってきてしまう事を防ぐことができるのです。

また、水につかってしまうとブレーキの効きが悪くなるので通り抜けた後も注意が必要です。特にドラム式のリヤブレーキは顕著に制動力が落ちるとされています。ドラム式のブレーキは軽自動車からミニバンクラスまで幅広く使われているため、自分の車のブレーキに何が使われているのかは確認しておく方がいいと思います。

車が水没してしまった場合の対処法

ここまで冠水に入らない事を前提に書いてきましたが、どうしても水没してしまった場合の対処法も書いておきます。

まずドアが開く場合はすぐにドアを開け脱出しましょう。しかし水位によってはドアが開かず車内に閉じ込められるもあります。これはスライドドアだとしても同様ですので、ドアがもし開かないとなっても慌てないようにしましょう。ドアが開かなかった場合はシートベルトを外し、窓が水面よりも高い場合は窓を開け車の天井(ルーフ)によじ登るように脱出します。

しかしパワーウィンドウの場合は、水没による電気系統のトラブルで開かなくなっている事もあります。先のとがった緊急脱出用のハンマーがあれば窓を割る事もできますが、車の窓は割れにくくできている為割れない場合も考えなければなりません。次第に車内に浸水してくると思いますが、実は浸水してきた時こそドアを開けるチャンスでもあります。車の中と外の水位が同じくらいまで浸水してくると、圧力の差がなくなる為ドアを開けやすくなります。浸水してきても慌てずに、ドアを開けられるタイミングを逃さないようにしましょう。

閉じ込められなかったとしても、1度水没した車は水が引いたとしてもエンジンはかけないようにしましょう。車のフロア面を超えて浸水していた場合は、エンジンの吸気系に水が入っている可能性があります。その状態でエンジンをかけるとエンジンが故障してしまう恐れがあるからです。また、電気系の故障は通常の修理よりも高額になる事が多いです。ニュートラルにギアを入れ安全な場所まで動かし停車させ、レッカーを呼んで動かしてもらう事をオススメします。

水没してしまった車はどうすれば良い?

水没してしまうと修理した方がいいのか買い替えた方が得なのか、どちらにするべきかを悩まれるかと思います。水没してしまったら必ず車に乗れなくなる訳ではありません。修理して乗ることができるレベルの被害である可能性もあります。しかし、修理後に異音などのエンジンの不調があったり、車内の臭いがとれない場合があるなど、場合によっては買い替えた方が得な場合もあります。

まず確認するのは、修理した際の費用と、それに見合うだけの価値が車にあるのかという点です。車は新車で購入しても、5年で半分・10年で価値がほとんどなくなるとも言われています。思い入れのある車などは別として、今一度現在の車の価値を調べてみるのが良いでしょう。

次に確認するのは車両保険です。水害に関する保険がどの程度ついているのか、修理の際に費用の上限は決められているのかなどを確認します。保険の種類によっては修理費用の全額は補填できない場合があるので注意が必要です。また修理とは別に損害として買い替えや廃車にする費用を補填してくれる事もあります。修理として保険を使うのか、損害として保険から費用を出してもらうのかを考えましょう。

また修理をしたとしても、車には冠水歴というのが残ってしまいます。これは通常の修理歴よりも嫌われる傾向が強く、価値が大きく下がってしまいやすいです。修理する際は冠水歴の事まで考えてから修理に出しましょう。

安全の為にも車が水没したら乗らないように

水没した車がたとえ動いたとしても、無理に車に乗らないようにしましょう。もちろん修理にも買い替えにもお金がかかる事なので、乗りたくなる気持ちもわかります。しかし水没した車はトラブルが発生しやすく、最悪の場合電気系統がショートして車が炎上してしまう可能性もあります。車の事故は人命に関わる大きな事故になりかねません。買取を依頼する場合には、ぜひアップルにご相談ください。

車の買取査定をご希望のお客様はこちら

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ