査定申込数ランキング(2015年3月度)

査定申込数ランキング

今月の一台:ホンダ フィット

ホンダ フィット

コンパクトカーの大人気車種といえば、なんといっても、今月ランキング第3位のホンダ・フィットでしょう。それまでも、トヨタ・ヴィッツや日産・マーチ、マツダ・デミオなどがありましたが、初代フィット(GD1)が発売されたときは、その愛らしい斬新なフォルムに目を奪われました。初代フィットは2001年、2代目フィットは2007年の商用デザイン部門でグッドデザイン賞を受賞しています。

また、後部座席を倒すとオールフラットになりますし、後部座席を跳ね上げると、高さのあるものでも積めてしまうという、今までコンパクトカーでは犠牲にされがちであったラゲッジスペースの使い勝手も魅力的です。フィットがデビューしたのは、2001年の事になります。それから10年以上がたち、現行車もすでに3代目となっていますが、その使い勝手の良さは初代から変わっていません。3代目フィットはプラットフォームから新設計となっていますが、この思想は一貫されているようです。

よく、「日本車コンパクトカー御三家」として、ヴィッツ、マーチ、フィットがあげられますが、コンパクトカーで大人が横になってきちんと寝れるスペースがとれるのは、恐らくフィットだけです。少々窮屈ではありますが・・・。不思議なのは、なぜ他のメーカは、このシートアレンジを真似しないのでしょうか。これには、座席の構造にヒントがありそうです。背もたれを前に完全に倒したときに、背もたれの上面と荷室の底面を同じ高さにするという事は、デミオやアクアに採用されているタイプの単純な構造の座席だと、その厚み分の荷室容量を犠牲にする必要が出てきてしまうのです。

フィットは、背もたれを前に倒すと、座面がその分沈み込む構造になっています。それでいて、且つ、座面の跳ね上げにも対応していますので、シンプルに見えてかなり複雑な機構を持っています。ホンダ社製の他の車種にもこの構造は応用されいます。「簡単には真似のできない構造」と言えるほど複雑だとは思いませんが、まず、後部座席の下部に重要な物件が存在していないというのが条件になりますし、他のメーカでは、もっと注力すべき要素があったのかもしれませんね。車のデザインというのはこういうところを一つとっても面白いものです。

順位 メーカー 車 名 前月比
1 ダイハツ ムーヴ
2 スズキ ワゴンR
3 ホンダ フィット
4 ホンダ オデッセイ
5 トヨタ プリウス
6 BMW 3シリーズ
7 トヨタ bB
8 ホンダ ライフ
9 日産 セレナ
10 トヨタ ヴォクシー

アップルの強みはお客様の目線に立って、賢い乗り換えの方法を提案できること。

本当のお買い得感あるクルマは、中古車市場にまだまだ多数眠っています。それを厳選しご提案出来るのがアップルです。


車に関することならなんでも気軽に相談できる、トータルカーライフコンサルタントとして、お客様に愛される店になりたい。

「もっと高く売りたい!」「念願の1台を見つけたい!」「安心して購入したい!」

カーライフを楽しむすべてのお客様のご相談に喜んでお応えし、より満足いただけるサービスを提供し続けることが使命だと考えています。


おかげさまで、お客様の喜びの声も多数頂戴し、それが当社の原動力となっています。

お客様から仕入れさせていただいた良質な特選車の直接販売も大きな反響を頂戴しております。

直販だから出来る!この価格!!安い!!!

当社販売サイトでより詳しく確認することができますので、そちらも合わせて閲覧いただければと思います。


【自信をもってお届けする!中古車販売サイトはこちら】


車査定・買取のパイオニア”アップル”を今後とも宜しくお願い申し上げます。


査定申込みランキングバックナンバー

たくさんのお客様にご満足頂いているアップルの愛車無料査定はコチラから

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ