査定申込数ランキング(2017年2月度)

査定申込数ランキング

今月の一台:スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR

段々と気温も温かくなり、春がもうすぐそこに来ているのを感じますね。なんと言っても、これからお花見シーズン到来です!全国各地の梅や桜の名所を巡って、新しい季節の訪れを感じる旅も良いですね。

さて、今月の一台はスズキ ワゴンRです。2ヶ月ぶりに査定申込ランキング第一位に返り咲きました!「軽ワゴン」ジャンルを築き上げ、日本のベストセラー車でもあるスズキ ワゴンRが2月1日にフルモデルチェンジし発売されました。大きく変わったのは次の4つです。

■1:外装デザイン
新型ワゴンRの外装は、ワゴンRのグレード2種類とワゴンRスティングレーの合せて3種類のデザインがあります。それぞれフロントデザインがガラッと違うので、デザインで選ぶ楽しみもあります。3種類とも旧型に比べると四角を多用し端正な印象を受けるデザインになりました。

■2:室内空間の拡大
新型ワゴンRの最大の特徴とも言える室内空間の拡大。新型ワゴンRから採用された新プラットフォームHEARTECT(ハーテクト)により、エンジンルームが小さくなったことで、室内空間の拡大が可能となりました。室内幅に関しては、ライバルのホンダ Nワゴン、ダイハツ タントと互角以上の室内空間を実現しています。

■2:燃費向上
最新技術のマイルドハイブリッドを搭載することで低燃費性能にさらに磨きをかけ、最高燃費はなんと33.4km/l!軽ワゴン系車種では最高の燃費を達成しました。マイルドハイブリッドとはモーター機能付き発電機とリチウムイオンバッテリーによる電気で発進・加速・走行をアシストできる軽度のハイブリッドです。

■3:安全装備の改善
新型ワゴンRは旧型に比べ、高い速度域でもセンサーが反応し自動ブレーキや衝突回避機能が作動するようになりました。また、単眼カメラとレーザーの組み合わせにより旧型にはなかった歩行者や自転車に対しても、自動ブレーキが作動するようになりました。ハイビームとロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能もついているので夜道の走行も安心です!

新型ワゴンRはボディカラーの種類も豊富ですのでぜひ自分の好みに合ったワゴンRを見つけてみてください!

順位 メーカー 車 名 前月比
1 スズキ ワゴンR
2 ダイハツ タント
3 ダイハツ ムーヴ
4 日産 セレナ
5 トヨタ ヴォクシー
6 トヨタ プリウス
7 トヨタ ウィッシュ
8 BMW 3シリーズ
9 トヨタ エスティマ
10 トヨタ ヴィッツ

アップルの強みはお客様の目線に立って、賢い乗り換えの方法を提案できること。

本当のお買い得感あるクルマは、中古車市場にまだまだ多数眠っています。それを厳選しご提案出来るのがアップルです。


車に関することならなんでも気軽に相談できる、トータルカーライフコンサルタントとして、お客様に愛される店になりたい。

「もっと高く売りたい!」「念願の1台を見つけたい!」「安心して購入したい!」

カーライフを楽しむすべてのお客様のご相談に喜んでお応えし、より満足いただけるサービスを提供し続けることが使命だと考えています。


おかげさまで、お客様の喜びの声も多数頂戴し、それが当社の原動力となっています。

お客様から仕入れさせていただいた良質な特選車の直接販売も大きな反響を頂戴しております。

直販だから出来る!この価格!!安い!!!

当社販売サイトでより詳しく確認することができますので、そちらも合わせて閲覧いただければと思います。


【自信をもってお届けする!中古車販売サイトはこちら】


車査定・買取のパイオニア”アップル”を今後とも宜しくお願い申し上げます。


査定申込みランキングバックナンバー

たくさんのお客様にご満足頂いているアップルの愛車無料査定はコチラから

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ