査定申込数ランキング(2018年9月度)

査定申込数ランキング

今月の一台:トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

10月に入り、過ごしやすい日が続いていますね。秋の行楽シーズン到来です!これからの時期、キャンプの予定を考えている人も多いのでは?大きすぎる車は狭い山道や酷道を走り抜けられるか心配…でもSUVはちょっと男前すぎて…という方にピッタリの、キャンプにおすすめの車をご紹介いたします!

今月の一台はトヨタ シエンタです。2018年9月11日、2代目となる現行トヨタ シエンタが初のマイナーチェンジを行いました。これまで3列シートだったシエンタに、2列シート5人乗りグレードである「FUNBASE X」「FUNBASE G」が初登場。2列目シートを倒せば、最大荷室長2,065mmのフラットスペースが利用できます。26インチのマウンテンバイクを2台も積む事が出来る広さです。荷物がたっぷり詰めるだけでなく、車中泊も出来るのでアウトドア好きには嬉しいですね!

さらに、2列シート車専用インテリアとして、デッキサイド両側に9個ずつユーティリティホールを設備。オプションのユーティリティフックやシステムバーと組み合わせれば棚やつっかえ棒を作ることも出来ます。用途によって様々なアレンジが出来るのも魅力的です。

外装デザインはフロントを中心に少しだけ変更されました。ヘッドライトは切れ長に、グリル部分にはメッキが多用され質感がグッと上がっています。カラーバリエーションは新たにベージュが追加され、ルーフを塗り分けたツートンも含むと全16色。好きなカラーを選ぶ楽しさもあります。

機能面では、まず車を真上から見たかのように映し出すパノラマビューモニターが搭載されました。慣れないキャンプ地での駐車も安心して出来ますね。また、パワースライドドア予約ロック機能も新搭載。ドアが閉じきるのを待つ必要もありません。さらに、後席の荷物忘れ防止機能「リヤシートマインダー」を日本車で初採用。マルチインフォメーションディスプレイに置き忘れの通知メッセージを表示してくれます。

肝心の安全性能も抜群です。新型トヨタ シエンタにはセンサーが前後左右計6箇所搭載されています。人や車だけでなくガラスや壁などの静止物を検知してエンジンシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動でブレーキをかけてくれます。また、道路のはみ出しを教えてくれるレーンディパーチャーアラート機能や夜間のハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる機能、衝突時に被害を軽減してくれるエアバッグもサードシート乗員の頭部側面まで保護するSRSカーテンシールドエアバッグもついて合計6個のエアバッグを標準搭載。ドライバー、同乗者の安全をサポートしてくれます。

いかがでしたか?新しくなったトヨタ シエンタは小さすぎず大きすぎないちょうど良いサイズのアクティビティ好きには持ってこいの車です。

順位 メーカー 車 名 前月比
1 トヨタ プリウス
2 ダイハツ タント
3 ホンダ フィット
4 スズキ ワゴンR
5 ダイハツ ムーヴ
6 トヨタ ヴォクシー
7 日産 セレナ
8 トヨタ ヴィッツ
9 ホンダ ライフ
9 MINI MINI

アップルの強みはお客様の目線に立って、賢い乗り換えの方法を提案できること。

本当のお買い得感あるクルマは、中古車市場にまだまだ多数眠っています。それを厳選しご提案出来るのがアップルです。


車に関することならなんでも気軽に相談できる、トータルカーライフコンサルタントとして、お客様に愛される店になりたい。

「もっと高く売りたい!」「念願の1台を見つけたい!」「安心して購入したい!」

カーライフを楽しむすべてのお客様のご相談に喜んでお応えし、より満足いただけるサービスを提供し続けることが使命だと考えています。


おかげさまで、お客様の喜びの声も多数頂戴し、それが当社の原動力となっています。

お客様から仕入れさせていただいた良質な特選車の直接販売も大きな反響を頂戴しております。

直販だから出来る!この価格!!安い!!!

当社販売サイトでより詳しく確認することができますので、そちらも合わせて閲覧いただければと思います。


【自信をもってお届けする!中古車販売サイトはこちら】


車査定・買取のパイオニア”アップル”を今後とも宜しくお願い申し上げます。


査定申込みランキングバックナンバー

たくさんのお客様にご満足頂いているアップルの愛車無料査定はコチラから

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ