中古車を購入したときに必要になる手続き

中古車を購入したときに必要になる手続き

はじめての中古車購入となると、色々と不安は付き物です。そんな不安を解消するには、実際にどのような流れで購入し、どのような手続きが必要なのかを知っておくことが一番です。中古車購入に向けて、必要な手続きや持ち物について予習しておきましょう。

検討から納車まで!中古車購入の流れを簡単解説

「中古車を買いたい」と思ったら、まず一番に決めておかなければいけないことがあります。それは中古車の予算および、どんな車が欲しいかを明確にしておくことです。欲しい車種が決まっているならば問題ありませんが、決まっていなければ、どんな場面で乗るのか、どれくらいの大きさが良いかなどを考えておくと、欲しい車の姿がイメージできるようになります。

欲しい車と予算が決まったら中古車を探す前に、購入した中古車を置いておくための駐車場を探しておかなければなりません。契約してから探していては間に合わない可能性があるので、車を購入する前の段階で探しておいた方が賢明です。

駐車場を用意できたら実際に車を探しましょう。探す方法としては、中古車販売店に行ってみる、中古車検索サイトを利用してみる、中古車ディーラーに探しに行く、などが挙げられます。一つの方法や店舗に絞らずに、色々な方法で見比べると良いでしょう。

欲しい中古車を見つけたら実際に店舗へ赴いて現車確認をします。傷・へこみなどの見てわかる異常の確認はもちろんのこと、修復歴がないかどうかの確認が必要です。確認の末、問題なければ見積もりをもらいましょう。他の店舗でも気になる中古車があるなら、そちらでも見積もりをもらっておいて、何店舗かで見比べて契約の検討するのも良いでしょう。

そして、見積もりに納得したらいよいよ購入をするための契約を結びます。新車より価格は低いですが、大きな買い物になるので、契約書の隅々まで目を通して、不明点がある場合には納得できるまで契約内容を説明してもらうことが大切です。無事契約が済んだら、中古車購入に必要な書類を作成していきます。店舗ごとに必要書類が異なる場合があるので、事前確認を怠らないように気を付けてください。また、この段階で任意保険も検討しておきましょう。

ここまで来たら、あとは納車に向けて支払いを済ませてしまいます。支払い方法は一括での振り込み、ローンの利用、クレジットカード支払いなどがあるので、自分に合った支払い方法を選びましょう。

そしていよいよ納車です。無事納車されたからといって、まだまだ安心してはいけません。納車された車に異常がないかの確認は必ず行っておきましょう。中古車は保証期間が短いので、保証が切れる前に問題がないかを確認しておく必要があります。

事前にチェック!登録手続きを委託する場合に必要な持ちもの

中古車を購入した際には、名義変更の登録手続きが必要です。この手続きは中古車販売店で代行してもらえる場合が多いですが、自分で用意しなければいけないものがいくつかあります。

まず必要なのが印鑑証明書です。今住んでいる市区町村で印鑑を実印と登録することで発行可能な書類です。引っ越す度に登録し直す必要のあるものなので、今住んでいる市区町村で登録が完了しているか事前に確認しておきましょう。印鑑証明書は役所で発行してもらえます。また印鑑登録された実印も必要なので、忘れずに持参してください。

販売店に代行で手続きしてもらう旨を記載した委任状も必要です。先述した実印はこの委任状に押印しておきます。委任状は販売店で作成する場合も多いですが、そうでないことも考えられるため、あらかじめ販売店に確認しておいた方がベターです。委任状の雛形はインターネット上でダウンロードが可能です。

購入する中古車の車検証も必要ですが、これは基本的には納車時に一緒に渡されるものなので、購入者が用意する必要はありません。

そして、最後に車庫証明書です。あらかじめ用意しておいた駐車場を車庫として警察に申請することで発行できます。この手続きも代行してもらえることがありますが、その分の手数料を取られることを認識しておきましょう。

自分でもできる?自分で名義変更する場合に必要なもの

販売店に名義変更の手続きを依頼すると、代行手数料などを請求される場合があります。少しでも節約したいのであれば、自分で名義変更の手続きを行うことも可能です。しかし、その場合は代行するよりもたくさんの必要書類をそろえなければなりません。

まずは、代行した場合でも自分で用意する必要のあった実印と印鑑証明書、車庫証明書が必要です。印鑑証明書は役所で、車庫証明書は警察署で発行してもらえます。その他に追加で必要なのが、申請書、手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書、車検証、旧所有者の実印が押印された譲渡証明書と委任状、旧所有者の印鑑証明書です。

申請書、手数料納付書、自動車税は手続きを行う管轄の運輸支局で手続き当日に入手します。車検証、譲渡証明書、委任状、印鑑証明書は販売店が所有しているので、用意してもらうようお願いしておきます。また、誰か代わりに手続きに行ってもらう場合は、あなたの実印が押印された委任状も必要になるので忘れないようにしましょう。

これらの書類をそろえて運輸支局で手続きすれば名義変更は可能ですが、名義変更は所有者が変わってから15日以内に手続きを完了させなければならないため注意が必要です。書類の準備に手間取ったり、書類に不備があったりしたせいで期日内に手続きを完了できない恐れがあるため、不安がある方はやはりプロの販売店に委託した方が安心です。

手続きの多い中古車購入だからこそ予備知識を!

中古車購入にはたくさんの手続きや書類などが必要になってきます。購入時に戸惑わないためにも中古車購入の流れをおさえて、予備知識をつけておく必要があります。

賢く中古車を手に入れるために、中古車購入に必要な手続きとそれに必要なものを事前に確認しておきましょう。

車の買取査定をご希望のお客様はこちら

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ