FC(フランチャイズ)加盟募集 加盟店インタビュー | 車買取・車査定など・中古車買取サービスの『アップル』

車買取・中古車査定のアップル

受付時間10:00-18:00 0120-233-550 携帯電話・PHSからも無料

オリコン顧客満足度No.1のアップルと手を組みませんか?

〜フランチャイズ加盟へのお誘い〜

新規加盟オーナー Special Interview

ベテラン加盟オーナー Interview

株式会社 ゴトウスバル 代表取締役社長 後藤稔

株式会社 ゴトウスバル

アップル春日井中央店など17店舗を展開

代表取締役社長 後藤 稔 (ごとう みのる)

愛知県出身。1987年株式会社ゴトウスバルに入社。アップル店のスタッフ・店長として、査定・買取・販売を経験。その後、マネージャーとして店舗網拡大に尽力。2005年株式会社ゴトウスバルの2代目社長に就任。現在、中部・関東エリアにてアップル17店舗を展開中。2011年には業績向上研究会第4代会長を務めた。

株式会社 ゴトウスバル 代表取締役社長 後藤稔

1989年車買取専門店アップルが愛知県にて立ち上がりました。立ち上げに参加した3社のうちの1社が私どもゴトウスバルだったんです。あれから23年間、ずっとアップルと共に歩んできました。私にとっての大きな転機は、創業社長だった父・勝章より引き継ぎ2005年ゴトウスバル2代目社長に就任したことでした。その後、アップル本部のオプションメニューであるプライシングサポートを導入した事により、査定価格の大きな誤差がなくなりそれに費やしていたエネルギーを営業活動に専念させることが可能になりました。また、2008年より、業績向上研究会に参加、他加盟法人様の実践ノウハウを共有させて頂き自社の業績向上に大きく役立っております。販売経路もオークションだけでなく、WEB共有在庫や店頭小売と幅広く対応させて頂いております。そして、近年は店舗リニューアルや新規大型店舗をオープンさせ、アップルというブランドを活かした小売の可能性も追求しています。アップルの魅力は、ズバリ23年で築き上げた安心・信頼のブランド力と誠実な経営姿勢だと私は信じています。アップル本部との連携、協力体制、他法人との横のつながり・・・これらすべてが私の原動力になっております。

有限会社カーフィールド 代表取締役社長 宍倉秀文

有限会社 カーフィールド

アップル佐倉駅前通り店

代表取締役社長 宍倉 秀文 (ししくら ひでふみ)

千葉県出身。メカニックとして大手ディーラーに10年半ほど勤めた後、独立を目指して中古車業界で経験を積み2004年にカーフィールドを設立。2009年にアップルに加盟。2012年アップル業績向上研究会副会長を務める。

有限会社カーフィールド 代表取締役社長 宍倉秀文

私が加盟を決めたのは、やはりアップルが中古車買取業の老舗であり安心・信頼のブランドであることが大きかったですね。実は、メカニックから中古車業界へ転身した際も、修行に選んだ場所は、アップルの加盟店でした。そこで、アップルイズムにふれこの仕事のイロハを学び、楽しさを知ったのです。その時から、独立していつかは自分もアップルに加盟すると決めていたのかもしれません。なぜなら、本部の方針がきちんとしており、本部と加盟店との関係性には一体感があるからです。また、加盟店の有志が集うアップル業績向上研究会があり、様々な成功事例の共有や、横のつながりが構築できます。さらに、アップルアカデミーによる、経営者や現場スタッフのスキルアップ研修会のプログラムも数多く用意されており、大変勉強になります。まずは、2店舗目をオープンさせて、10年後に3店舗まで増やせるような体制を確立させたいので、店舗を任せられる人材の育成に力を注いでいきたいですね。アップルという同じ看板の下、共に未来を創りましょう。

株式会社 オリンピア 代表取締役社長 塩谷正光

株式会社 オリンピア

アップル宇都宮新4号店など5店舗を展開

代表取締役会長 塩谷 正光 (しおたに まさみつ)

埼玉県出身。不動産業などを経て、1990年中古車販売店カーパークオリンピア設立。2002年アップルに加盟。バイタリティ溢れる人間力には定評がある。趣味は、健康管理の為に始めたという登山やカヌー。車とバイクをこよなく愛するアウトドア好き会長。

株式会社 オリンピア 代表取締役社長 塩谷正光

私がアップルに加盟したのは、2002年。1990年に開業した自社ブランドの中古車販売店カーパークオリンピアの仕入れ拠点として、栃木・茨城・埼玉と徐々に店舗を増やしていきました。自社ブランドは、地元では知名度があっても、例えばインターネットを利用した商売の場合、栃木以外となるとオリンピアでは通用しない。圧倒的にブランド力のある全国チェーンのアップルブランドで展開するべきと判断し、宇都宮にあった本社もアップルの加盟店として再出発したのです。また、2008年にはアップルは、本部主導で新たな顧客創造・将来性という観点から、車の買取・販売に加えて、バイクの買取・販売にも進出します。私自身もオリンピアでバイク事業を立ち上げた時期でしたので、アップル本部とタッグを組んでバイクの買取・販売事業の立ち上げに試験店舗という形で参画させていただきました。こうして、今の車・バイク買取・販売というアップルにしかない独自のスタイルを作り上げたわけです。おかげさまで近年では、車・バイク買取・販売の大型店舗を新規出店・従来店舗を移転オープンさせていただいております。アップルに加盟したメリットはズバリ!安心して多店舗展開できること。チェーンとして築き上げた安心と信頼のブランド。これでしょうね。

天理興業 株式会社 代表取締役社長 藤堂高明

株式会社 ファーストグループ

アップル足立中央店など、5店舗展開

代表取締役社長 藤堂 高明 (とうどう たかあき)

奈良県出身。大学卒業後大手通信会社に就職。2003年3月に帰郷し1960年創業の家業である天理興業に入社。入社当時、自動車事業は7千万円の赤字状態。さまざまな取り組みで再建し、現在は黒字に好転。2011年11月にアップル足立中央店オープン。2012年に奈良県でアップルを追加出店。

天理興業 株式会社 代表取締役社長 藤堂高明

6年前に本業の整備以外の取り組みとして車の委託販売チェーンに加盟し、車の販売、買取事業を開始いたしました。アップルを知るきっかけとなったのはそのチェーンの業績優秀店舗に共通することがアップルに加盟していることでした。そこで実際に現場の様子を見学したとき、他買取業者を訪問したお客様がアップルで価格ではない安心と満足を感じていることを実感し、アップルチェーンの考え方が自分の思っている方向性と一致していることに非常に共感しました。2011年11月に委託販売チェーンに加盟していた法人が運営していたアップル足立中央店を譲りうける形でアップルに加盟しました。加盟して一番に感じたのはアップルの看板力です。集客、お客様への安心という看板力ということももちろんありますが、それ以上に働いているスタッフが「チェーン内のコンテストで優勝したい」というモチベーションで仕事ができていることが非常に大きいです。全国で同じ看板の元で各法人の枠を超え切磋琢磨できることは自社内では絶対に出来ないことなので、非常にありがたいです。また、アップルアカデミーという充実したプログラムのセミナーがあり、チェーンとして社員教育に力を入れているところも魅力のひとつです。近日中に他チェーンの看板で運営していた店舗をアップル店に看板を変える予定で、今後近畿、関東に積極的に出店できればと思っています。特に近畿圏はアップル店がまだ少ない地域なので、本部や他加盟店様と協力しながらアップルブランドを拡げていければと思っています。


店舗を探す

北海道・東北地方

北陸・甲信越地方

関西地方

四国地方

東海地方

中国地方

私たちはお客様の安心・信頼・満足と期待を超える車買取・車査定サービスを提供致します。