事故車を購入する場合にはこんなところに注意しよう

事故車を購入する場合にはこんなところに注意しよう

中古車市場で事故車を見かけることは多々あります。事故車にはメリットとデメリットの両面があるので、よく考えて購入する必要があります。事故車を買うべきに注意すべき点や、車両のチェックポイントなどを紹介します。

事故車の定義、修復歴車との違いは?

事故車と修復歴車は同じ言葉のように見えますが、それぞれ異なった定義があります。

まず事故車は、事故を起こした車、もしくは事故を起こされた車のことを意味します。ただし、事故にあった車が全て事故車と呼ばれるわけではなく、事故歴がある車の中でも特にダメージが大きい車のことを指します。

一方、修復歴車は修正や交換の経歴した車のことを意味します。修復歴車は骨格部が損傷して交換や修復した車両全般のことを指すため、必ずしも事故歴があるわけではありません。

事故車購入のメリット・デメリット

事故車と聞くと、あまり良くないイメージを浮かべる方も多いでしょう。ただ、実際にはメリットとデメリットの両面があるので、事故車だからといって購入を避けてしまうのは勿体無いと言えます。

事故車を購入する最大のメリットは、価格が安い点です。中古車市場でも事故車は価格が圧倒的に安くなっています。50万円以下の価格で購入することも可能なので、とにかく安く車を購入したいという人にオススメです。

運転初心者であれば、事故車を練習用として使うこともできます。運転を始めたばかりの頃は車に傷がつきやすいですが、もともと事故車であれば割り切って使えます。運転にある程度慣れたら、新車に買いかえるのも良いでしょう。

事故車にはメリットがある一方、購入後に思わぬトラブルが発生しやすいデメリットもあります。事故車の場合、時間が経つに連れて故障が発生しやすくなります。購入時は問題なさそうに見えても、時間や走行距離が増すにつれて問題が発生し、破損につながることもあります。購入後に修理が必要になった場合、高額な修理費用が発生してしまうかもしれません。保証付きの事故車であれば安心ですが、保証がない場合は自分で修理費用を負担する必要があるので注意が必要です。

事故車購入時のチェックポイント

よく確認せずに事故車を購入すると、高い修理費用が発生して後悔することもあります。そのような状態を避けるためにも、事故車を買う時は、エンジンや外装などに問題がないか自分の目でよく確認する必要があります。

まずは事故車の外装をチェックしてみましょう。大まかに見るのではなく、細かな点まで注意深くチェックしてください。ボンネットとフェンダーの隙間は均一になっているか、バンパーの隙間が均一かどうか、塗装の色合いに変わりがないか、車体やエンジンルームなどが左右対称になっているかどうかを確認しましょう。

これらのチェックポイントの中で、一つでも問題点があれば要注意です。車体に歪みがあると走行時に問題が生じる場合もあります。修理が必要な場合は、修理費がどれくらいかかるかを確認しておきましょう。

内装をチェックする際は、シートの汚れやハンドル部分をチェックするだけでなく、トランクルームも忘れずに確認してください。トランクルームを見るときは、汚れの有無を確認するだけでなく、パンクした時のスペアタイヤやジャッキなどが揃っているかもチェックしておきましょう。灰皿の使用跡も忘れずにチェックしておきましょう。喫煙車だった場合は、灰皿に使用跡があるはずです。喫煙車だと、カーペットやシートなどにヤニ汚れが染み込んでいる場合があります。一旦車についたヤニ汚れは簡単に取れないので、購入すべきかよく考える必要があります。

また、車の外装は雨の日や夕方だと車両チェックがしにくいので、なるべく晴れた日の昼間に車両チェックをするようにしてください。

外装や内装に問題がなくても、実際に運転するとおかしい箇所が見えることもあります。試運転をしてみた時に、変に振動しないか、エンジンはすぐかかるか、アクセルの動作に問題がないかなどをチェックしてみましょう。特にブレーキのチェックは大事です。ブレーキが効かないと交通事故の原因になるため、ブレーキを踏んだ時におかしな音がしないか、急ブレーキがかかるかどうかしっかりチェックしてください。

ほかにも、事故車を購入するときは、アフターサービスが充実している中古車販売店を選びましょう。前述したように、事故車は故障しやすいリスクがあります。万が一事故が発生した時に、迅速に対応してくれる販売店であれば安心です。どんなアフターサービスがあるのか、事前に販売スタッフに聞いておきましょう。

事故車は購入前に入念なチェックを

事故車は安い価格で買えるメリットがある一方、購入後に思わぬトラブルが発生しやすいリスクもあります。事故車を購入するときは隅々まで車両をチェックして、問題がないか自分の目で確認しましょう。必ず試乗して、乗り心地や運転に問題がないか確認することも大事です。これらの注意点をしっかり把握した上で、事故車の購入を検討するようにしましょう。

乗り換えを検討中の方はまずはアップルの無料査定へ

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ