車を購入するならローンとリースのどちらが良い?

車を購入するならローンとリースのどちらが良い?

車の購入を望む人は多いかと思います。ですが、車は購入するのに数百万円もかかるなど、そう簡単に購入できるものではありません。そんな状況の中、最近注目されているのがリースという方法。車をリースするとは一体どういうことなのでしょうか。

車のリース

車のリースとは、利用者がリース会社の所有する車をレンタルして、自由に運用することです。

従来はほしい車があればローンを使用して購入することが多かったのですが、近年では、長期のローンに対してネガティブなイメージを持つ人が多くなった影響で、ローンではなくリースという形式で利用する人が多くなっています。

車はローン購入ではなく、リースが流行っているって本当?

一昔前までは車のリースは個人が利用するよりも法人が利用することのほうが一般的でした。ですが、市場規模を拡大したいというリース会社の思惑やカーシェアリングなどの影響で車を専有することにこだわらない人たちが増えたという事情があり、リース会社が個人に対しても窓口を開くようになりました。その結果として車をローンではなく、リースで利用するという家庭が増えつつあります。

リースとローンの違い

車をリースで利用するのとローンで購入するのではどんな違いがあるのでしょうか。

まず、リースの場合は頭金が不要です。頭金とはローンをする会社に支払うお金であり、「借りたお金はきちんと返す」という意思表示を示すことでもあります。ですが、リースの場合は月々のリース料金を払うだけであり、どこかに借金をする必要がないので頭金は発生しません。

リースの場合は借りた期間によって最終的な支払額が変化するのが特徴です。車などは基本的に使用する期間が長くなるほど価値が減っていきます。そのためリース期間が短いと車の価値が多く残るようになるため最終的な支払いが安くなります。長期間リースすれば総合的なその分だけ総合的な支払額は上がりますが、車の購入したときの価格を超えるようなケースになることは原則無いといって良いでしょう。

リース会社に対して毎月支払うリース料には車のメンテナンス料金や維持費、保険費用などが含まれています。そのため利用者がメンテナンス料金や保険の費用について気にすることはありません。万が一故障が発生したとしても、その後の対処は車の所有者であるリース会社がおこなってくれるようになります。ただし、ガソリン代だけは自分で支払わなければいけないので注意してください。

1台の車に付きリースできる期間には上限があり、それを過ぎたら別の車に乗り換えることになるのですが、使用していた車が気に入った場合はリースをしていた車を購入することもできます。この場合リース終了時に残っている車の価値が購入費用となり、それを支払えば自分自身が所有するマイカーにすることができます。

車をリースするメリット

車をリースするメリットの1つが「車を早く使用できる」ということです。車を購入して使用するにはローンを組んだり、税金や自動車保険の手配をしたりなど様々な準備をしなければいけません。ですが、リースとしてレンタルする場合は税金や車検などの面倒な手続きなどはすべてリース会社がおこなってくれるので、購入時と比べて比較的早く車を使用することができます。

2つめのメリットが「様々な車を使用できる」ことです。新車を購入した場合はローンなどの事情によって数年は同じ車を乗り続けることになりますが、リース会社の場合は短期間で様々な車を利用することができます。そのため気になる車が複数あったらリースで乗り回し、特に気に入ったものがあれば改めて購入するといった方法を取ることも可能です。

3つ目のメリットは、「メンテナンスが不要」です。車の状態を正常に保つためにはタイヤの空気圧を始め、バンパーやライトの状態など様々な箇所を自分でチェックしなければいけません。ですがリースした場合は車の所有権がリース会社にあるため、個人が車の様々な箇所をチェックすることは不要です。月々のリース料金にはメンテナンス費用も含まれているので、個人がおこなうと面倒なメンテナンス作業をリース会社の方に任せるようにしましょう。

車をリースするデメリット

リースをしたことによるメリットがあればデメリットもまた当然存在しています。

それが「途中解約すると違約金が発生する」ということです。車をリースする場合、使用する期間を設けることになるのですが、その期間よりも前に解約を申し出ると違約金という追加料金が発生するので注意しましょう。

「場合によっては別途料金を請求される」というデメリットもあります。リースをした場合は使用者がメンテナンスのための費用を支払うことはありませんが、事故などによって大きく破損した場合は別です。この場合はリース会社が所有する資産を許可なく減らしてしまったということになり、月々のリース料金とは別に損害賠償などを請求されることがあります。

自身にあった車の利用方法を考えることが大切

明確にほしい車があったり、資金が充分にある場合はローンで車を購入することがオススメであり、逆に様々な車を試したかったり、料金を安くしたいと思っていたらリースをすることがオススメとなります。自分のライフスタイルやライフプランをしっかりと理解して、どちらの相性が良いのか考えてから選択するようにしましょう。

乗り換えを検討中の方はまずはアップルの無料査定へ

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ