海外旅行でドライブをするときに必要になるものとは?

海外旅行でドライブをするときに必要になるものとは?

海外旅行でレンタカーなどを借りて車を運転出来たら、旅行の幅も広がりそうです。特に交通機関がない場所に行きたい時などに便利です。この記事では、海外旅行でドライブするときに必要なものや、海外で運転する際の注意点などをわかりやすくまとめてみました。

海外で車を運転するために必要なものは?

海外で車を運転する際に必要なものは、日本の運転免許証と国際免許証です。国際免許証は、日本では国外運転免許証と呼ばれており、取得するとジュネーブ条約に加盟している国での運転が認められるというものです。海外でレンタカーを借りるときにも必須となります。

国際運転免許証が有効な国はどこ?

国際運転免許証で車が運転できる国は、ジュネーブ条約加盟国に限られていますが、その一部を紹介します。まずはアジアでは、フィリピン、タイ、マレーシア、大韓民国など。北、南アメリカでは、アメリカ合衆国、カナダ、ペルー、アルゼンチン、ジャマイカなど。ヨーロッパでは、イギリス、スウェーデン、フランス、イタリア、オーストリアなど。そしてオセアニアでは、ニュージーランド、オーストラリアなどです。上記で紹介した以外にもジュネーブ条約加盟国はたくさんありますので、自分がドライブしたい旅行先が加盟国かどうか知りたい場合は、警視庁などのサイトで確認できます。

国際運転免許証の取得方法は?どこで取得できるの?

国際運転免許証の取得は、各都道府県の運転免許センター、更新センター、指定警察署でできます。手続きに必要な書類は、運転免許証、パスポート、写真一枚です。写真は縦5cm×横4cmで、申請六か月以内に撮影されたものを用意してください。パスポートは渡航を証明するために提出するものですので、渡航の予定がない方は申請できません。また、以前に国際運転免許証を発行されたことがある場合は、返納しなければならないことがありますので、事前に申請場所に確認しておきましょう。国際運転免許証の有効期限は一年で、その期間内であれば新たに申請しなくとも、何度海外に行っても同じ国際運転免許証が使用できます。

海外でレンタカーを借りるときの注意点

海外でレンタカーを借りるときには年齢制限が設けられていますので注意が必要です。一般的には25歳以上となっているところが多いですが、21歳以上に設定しているところもあります。さらに、日本の運転免許証を取得してから一年以上経過していることも条件となっています。料金は現金や海外旅行者向けの小切手であるトラベラーズチェックなどで支払うことが出来ますが、支払い能力をしめすためにクレジットカードの提示が求められます。他にも海外保険証の提示も必要です。

また、せっかくの海外旅行でのドライブですので自分の希望する車を運転したいものですが、事前に予約をしておかないと車種を選べないこともあります。ベビーシートやチャイルドシートなどの付属品が必要でしたら、やはり事前の確認と予約が安心です。現地で車をレンタルしようとしたら乗れる車が一台もなかったということにならないためにも、できるだけ早めに予約をしておきましょう。予約は日本からも出来ますし、その場合は当日に借りるよりも安い料金プランが用意されている場合もあるので要チェックです。

他には、万が一のために自動車保険にも加入しましょう。海外保険サービスに自動車保険が含まれているか確認し、含まれていない場合は現地で申し込むこともできますので忘れないようにしましょう。

海外で快適にドライブするときのポイント

海外で道がわからない場合、車にナビゲーションシステムが付いていれば問題ありませんが、海外のレンタカーにはついていない場合も多いです。そんな時に便利なのがスマートフォンのGPSマップナビです。日本でもカーナビを使わずにスマートフォンのGPSマップを使っている人も多いですが、海外では最初から主にこちらを使うと思っていたほうが無難です。しかし、海外でも日本と同じように車を運転中にスマートフォンを操作することが交通違反になる国もありますので、車内に置けるスマホスタンドなどを準備しておくと便利です。運転中にスマートフォンを操作することが交通違反にならない国でも、安全のために是非スマホスタンドを活用しましょう。ここでもう一つ注意したいのが、スマホナビのパケット代金です。海外旅行でスマートフォンなどの通信をする場合は、海外専用のWi-Fiレンタルを利用すると通信費を心配せずにすみます。

国によって異なる交通ルールを知っておこう

各国によって左側通行か右側通行か異なりますので、決められた車線を走行することが基本となっています。さらに、交通ルールも異なりますので、海外旅行で車を運転すると決めたらそれらをできるだけ把握しておくと慌てません。車のスピードメーターや距離の表記も、アメリカでは日本と違いマイルで表記されていますので注意が必要です。また、同じアメリカでは赤信号で右折が可能な交差点がほとんどです。運転を予定している国の標識や交差点でのルールも、交通ルールと合わせて確認してから運転に臨むように心がけましょう。

それに加えて、海外では車上荒らしなどの犯罪にも警戒してください。車を離れるときは、しっかりと施錠し、車内に電子機器や高価なもの、かばんなどを置かないようにしましょう。

海外でのドライブで旅を素敵なものに

国際運転免許証を取得し海外で車を運転することは、日本に帰ってきてからも忘れられない貴重な思い出となり、周りの人へのお土産話としても大変興味深いものとなるでしょう。海外での移動手段の一つとしてレンタカーを利用して、アクティブで素敵な旅を楽しんでください。

車の買取査定をご希望のお客様はこちら

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ