ヨーロッパフォードの買取車種一覧

ヨーロッパフォードの買取車種一覧

アップルでは、ヨーロッパフォードの中古車買い取りも行っております。

カーライフを楽しむすべての方に、より大きな満足を与えるのがアップルの喜び。もっと高く売りたいというご相談に喜んでお応えします。

ヨーロッパフォード情報

イギリス・フォードが1911年、ドイツ・フォードが1931年と古くから現地生産が行われ、1967年にフォード・オブ・ヨーロッパが設立されそれ以降はモデルの一元化が推進され、1970年代から1980年代を通して完全に一元化されたのである。欧州フォード車はフォード車であっても欧州車そのものであり、マッスルな北米部門に対し、質実剛健な欧州部門という方向性となっていた。
またアジア進出も早くから行われ、1925年2月には、世界五大国の1つであり、自動車市場の成長が期待されていた日本の横浜市緑町に、日本法人の「日本フォード」が組み立て工場を置いた。
アメリカで生産されていたモデルを主に生産、販売し、当時の主なターゲットはタクシーなどの営業車市場であったが、その後富裕層を中心とした自家用車市場にも食い込んでいった。
その後GMもこれにつづき日本進出し、この1925年から1940年頃の時期に、フォードとGM、オースチン、そして国産のダットサンやオオタが一般オーナーに広く普及したことにより、自動車販売網やガソリンスタンド、オーナーズクラブなどの日本の自家用車の基礎がつくられている。
1926年にはオーストラリアのジーロングにフォード・オーストラリアを開設し、1970年代以降独自モデルの生産を続けている。1929年にはソビエト連邦の共同事業としてニジニ・ノヴゴロドにNNAZを開設した。

ヨーロッパフォード