自分で行うとお得? ユーザー車検とは?

自分で行うとお得? ユーザー車検とは?

ユーザー車検とはどのようなものかご存知ですか。ユーザー車検はお得にできそうですが、特徴やメリット・デメリットを知っておいた方がいいでしょう。そこで、ユーザー車検の特徴や受ける流れについてご説明します。

ユーザー車検とはどのようなもの?

ユーザー車検とは、車の検査を自分で行うことです。通常は業者やディーラーなどに依頼するので、車検の具体的な方法を知らない人もいるでしょう。ユーザー車検では検査項目があるので、順番に行えば自分でも点検できるのです。ユーザー車検は必要書類が揃っていれば、誰でも行えます。また、家族や知人の車を代わりにユーザー車検することも可能です。

ユーザー車検のメリットやデメリットを知ろう!

ユーザー車検のメリットは「費用の削減」「車を預けないので、代車がいらない」「車への理解度が上がる」です。ユーザー車検は業者などに依頼するよりも費用を安くできます。自分で行うため、車検担当者の人件費が省けるためです。他には、車を預ける必要がない、代車がいらないというのもメリットでその分の費用を削減することができます。

そのほか、自分で点検をしていくうちに、車への理解度も深まるでしょう。車検で何を検査しているのかも分かります。点検項目を理解して維持管理に活用すれば、車の寿命を長くすることもできるのです。

反対に、ユーザー車検のデメリットは「自分でする時間と手間」「上手にできない時のトラブル」などがあります。自分で運輸支局に持っていき、書類の提出や点検までを行うため、時間と手間が掛かってしまうのはデメリットになるでしょう。

また、運輸支局の営業時間までに検査が終わらなかった場合は次の日も行かなくてはならず、平日にしか営業していないというデメリットもあります。ほかにも、検査ではクリアしていても、メンテナンスが不十分な場合、後から問題が起こるかもしれないのです。業者に依頼をしていれば見つかった小さなトラブルが積み重なって、大きなトラブルになることもあるでしょう。

そのため、あまり知識がない場合には、ユーザー車検を避けたほうが良いと言えるでしょう。

ユーザー車検の前に準備するものとは?

ユーザー車検をするためには「自動車検査証」「自動車税納税証明書」「24ヶ月定期点検の整備記録簿」「自賠責保険の証明書」を準備します。自動車検査証とは車検証のことで、有効期間が満了するまでに行わなければなりません。なくした場合は、車のナンバーを管轄している運輸支局で再発行しましょう。自動車税納税証明書は4月1日の時点で所有している車に払う税金の証明書で、支払った証拠として必要になります。

24ヶ月定期点検をした時は、記録簿の提出が必須です。しかし、車検後に点検整備をする「後整備」の時はいりません。自賠責保険は公道を走る時には加入が義務付けられています。よって、有効期間が切れる前の証明書が必要です。

ユーザー車検を受けるときの流れとは?

ユーザー車検の当日は、準備しておいた4つの書類を提出して申し込みをします。また、予約番号や掃除をする時の雑巾などを持っているといいでしょう。代理人として検査を受ける時は印鑑も必要になります。検査料などのお金も持っていきましょう。

ユーザー車検では、検査をする前にホイールキャップやカバーは取り外しておきます。一部の車種では、ロービーム側を紙で隠すことも必要です。ヘッドライト検査ではハイビーム側で点検するので、ロービームも一緒に点灯する車種の場合は隠すようにします。隠していない時は、点検時に手でふさぐことになるでしょう。オイル漏れも確認するので、あらかじめオイル汚れは拭き取っておきます。ヘッドレストを外している場合は、付けておきましょう。

電光掲示板にでる内容や検査官の指示に従って行えば、検査が進んでいきます。外観検査や排ガス、下回り、サイドスリップなどの検査を順番に行っていくでしょう。マルチテスターでスピードメーターや光軸、ブレーキなどの検査や調整もしていきます。最後に総合判定をして合格すれば検査終了です。もし、検査に合格しなかった時は修理をし、2週間以内に再度点検をします。2週間経ってしまうと、検査項目が変わるので注意しましょう。

点検項目がクリアできれば、持込検査更新受付に書類を提出します。その時には、持参した4つの書類と自動車検査票、継続検査申請書、自動車重量税納付書の7点が必要です。自動車重量税や検査手数料は印紙や証紙を購入して、書類に貼ります。しばらく待つと、新しい自動車検査証とステッカーがもらえてユーザー車検が完了です。一緒に自賠責保険の更新手続きもしましょう。

特徴を理解してから、ユーザー車検に挑戦してみよう!

ユーザー車検は車検費用を安くできるというメリットがあるでしょう。しかし、自分で準備するものや当日の流れを知っていないと、戸惑うこともあります。車や車検について、ある程度の知識がある場合は、ユーザー車検に挑戦してみるといいでしょう。

車の買取査定をご希望のお客様はこちら

お客様の郵便番号を入力してください。最寄りの店舗を検索します。郵便番号が分からない方はコチラ