事前に準備しよう! 車を売却するときに必要な書類は?

事前に準備しよう! 車を売却するときに必要な書類は?

車を売る機会はそう頻繁にあるものではありません。どんな書類を準備しておけば良いか事前にチェックしましょう。

必要書類一覧

必要書類 普通自動車 軽自動車
自動車検査証
印鑑証明書※1
自賠責保険証明書
自動車納税証明書
軽自動車納税証明書
印鑑 実印 認印可
振込口座情報
リサイクル券
住民票

必要になる書類は上記の通り、 普通自動車と軽自動車で必要な書類が異なります。
また、自動車検査証と印鑑登録証明書の住所や氏名が異なる場合は追加の書類が必要になりますので注意が必要です。
次に書類についての詳細を確認していきましよう。

※1 通常、印鑑証明書は2枚必要になります。しかし、「一時抹消渡し申請」などをした場合は印鑑証明書の枚数が変わりますので詳細は査定時にご確認下さい。

普通自動車の場合

普通自動車売却時には以下のような書類が必要になります。

自動車検査証(必須)
自動車検査証は車検証と言った方が聞き馴染みがあるかと思います。車が保安基準に適合していることを証明する書類で、常に車内で携帯しておくことが義務付けられているため、車検証なしでは売却できません。

自賠責保険証明書(必須)
車検の度に加入する損害保険の自賠責保険証も必須です。この保険に加入することも義務付けられているため、自賠責保険証がない、あるいは期限が切れている場合も売却できないので注意しておきましょう。

自動車納税証明書(必須)
自毎年5月末までに自動車税を納めたときにもらえる控えのことです。車検を受けるために必要な書類であるため、売却時に渡しておかないと、売った車が車検を受けられなくなります。

リサイクル券(必須)
自動車リサイクル法によって車を購入したときにリサイクル料を支払っていれば、必要になります。車の持ち主はリサイクル料を支払うことが義務付けられているので、売却時にはリサイクル券も車と一緒に譲渡しなければなりません。

実印と印鑑登録証明書(必須)
書類ではありませんが、委任状などの書類を作成するときに実印 ※2が必要になります。
また、その印鑑が実印か証明するための書類である印鑑登録証明書も必要になります。
この印鑑登録証明書は有効期限が3ヶ月と決まっているため、二度手間にならないよう有効期限には十分気を付けてください。
また、買取店によっては、印鑑登録証明書が1通または2通必要な場合があります。事前に確認しておくと売却がスムーズになります。

※2 住んでいる市区町村で登録している印鑑のことです。引っ越す度に登録し直す必要があるため、現住所で登録してあるか確認しておきましょう。

軽自動車の場合

軽自動車売却時には以下のような書類が必要になります。普通自動車と違い認印の使用が可能なため、印鑑証明書が不要になりますが、その他の書類に関してはほぼ同じです。

自動車検査証(必須)
自動車検査証は車検証と言った方が聞き馴染みがあるかと思います。車が保安基準に適合していることを証明する書類で、常に車内で携帯しておくことが義務付けられているため、車検証なしでは売却できません。

自賠責保険証明書(必須)
車検の度に加入する損害保険の自賠責保険証も必須です。この保険に加入することも義務付けられているため、自賠責保険証がない、あるいは期限が切れている場合も売却できないので注意しておきましょう。

軽自動車納税証明書(必須)
軽自動車には自動車納税証明書がありません。代わりに、軽自動車納税証明書を用意する必要があります。

印鑑(必須)
軽自動車を売却する場合は実印ではなく認印で問題ありません。そのため、実印と印鑑登録証明書を用意しておく必要がなくなります。

リサイクル券(必須)
自動車リサイクル法によって車を購入したときにリサイクル料を支払っていれば、必要になります。車の持ち主はリサイクル料を支払うことが義務付けられているので、売却時にはリサイクル券も車と一緒に譲渡しなければなりません。

住民票
また、買取店によっては確認のために住民票を要求されることがあるので、必要になるか事前に店に確認しておくと良いでしょう。

書類と住所や氏名が異なる場合は要注意!

車検証と印鑑登録証明書の住所が異なる場合
車検証に記載されている住所と、印鑑登録証明書に記載されている住所の両方が記載されている住民票が必要になります。
車検時から二回以上引っ越している場合であれば住民票だけでは足りないので、転出後の住所が記載されている住民票の除票や、住所の移転履歴が記載されている戸籍の附票が必要になります。
引っ越しの回数によって必要書類が異なるため、事前に店舗に確認しておきましょう。

姓が変わっている場合
同一人物だと証明するための書類が必要です。住民票や戸籍謄本に記載されているので、どちらか1枚を準備しましょう。
ただし、引っ越し前に姓が変わっている場合など、住民票に旧姓が記載されていない可能性がありますので、発行する前に役所で確認しておくことをおすすめします。

必要な書類が見当たらない時は

必要書類が見当たらず、紛失したかもしれない方でも安心してください。これらの書類は再発行が可能です。

車検証
車が登録されている運輸支局で再発行が可能です。再発行には申請書代と手数料が必要になります。

自賠責保険証明書
加入している保険会社に無料で再発行して貰えます。

自動車納税証明書・軽自動車納税証明書
管轄の税事務所に無料で発行することが可能です。

リサイクル券
自動車リサイクルシステムのホームページで「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷することで、リサイクル券の代わりとすることができます。

準備万端でスムーズな手続きを

店によっては譲渡証明書や委任状などの書類を自分で用意しなければならないこともあります。
念のため、事前に買取店に確認を取っておくと安心して手続きを進められます。
車は時間が経つにつれ価値が下がるものです。書類の準備に手間取って売り時を逃してしまい、査定額が下がってしまう、という悲劇は避けたいものです。
大切な愛車を適正価格でスムーズに売却するためにも、必要なものはあらかじめ準備しておきましょう。

皆様のご来店を心よりお待ちしております 皆様のご来店を心よりお待ちしております

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。